空港に何時間前に到着すればいい?意外と知らない国際線・国内線で違うチェックインの時間・・・


皆さんも国際線を利用する場合、空港に何時間前までに到着すればいいのか悩みませんか。

よく言われているのは、出発時刻の2時間前ですが、限界は何時間前なのでしょうか。

そして、実際に空港では手続きにどのくらい時間がかかるのでしょうか。

また今回は、各航空会社の国内線チェックイン締め切り時間と搭乗締め切り時間を調べてみました。

そして国内線に乗る場合は、何分前、何時間前までに空港に到着するのがベストというのも紹介したいと思います。

国際線は何時間前までに到着してればOK?

まず、定番の2時間前はなぜ?と思うかもしれません。

国際線の場合、ツアーや旅行会社を使った旅行の方が、多いのではないでしょうか。

その際、2時間前に空港集合と言われるので定番になっていると考えられます。

しかし、結論から申しますと…

おすすめの空港到着時間は、3時間前です。

そして、ぎりぎりの空港到着時間は、1時間30分前です。

それでは、その理由をみていきましょう。

※なぜ3時間前がオススメ?

おすすめは、3時間前に空港へ到着です。

国際線は国内線と違い、飛んでいる便数も少なく航空券の料金も高いので、乗り遅れると大変ですよね。

そして空港に行くまでには、電車やバス、モノレールなど様々な交通機関を利用して向かいます。

そんな中もし、空港に向かう途中のバスや電車が遅れたら…

遅刻ギリギリになると精神的にも疲れてしまいます。

そんなイライラや焦らないためにも、3時間前に到着するのがおすすめです。

3時間前に到着してしまって早すぎでは?と思もわれるかもしれませんが、手続きや免税ショッピングや食事をしていると、あっという間に過ぎてしまいます。

さらに現在は、空港内の施設も充実しているので、出発までの間ゆっくりと楽しめるのもいいですよね。

そして特にアメリカ行きの場合は、「3時間前」までに空港へ到着してください。

最終到着地がアメリカではなく、経由便であっても対象です。

その理由は現在、米運輸保安庁(TSA)が安全検査強化のため、全員に対して聞き取り調査が追加実施されています。

そのため、航空会社から3時間前までに空港に到着するようにアナウンスされていますので、早めの空港到着をしてください。

※遅れたらどうなる?

まず、定番の2時間前に30分くらい遅れて、1時間半前に空港到着になっても大丈夫です。

2時間前集合のツアーでも、実は間に合うことがほとんどです。

すべての手続きが駆け足になるだけで、飛行機に乗り遅れることはありません。

このようなことから、国際線のチェックインの締め切り時間までにチェックイン出来ればOKということになるので、締め切り時間を知っておきましょう。

考え方は、1時間前までに「空港に到着する」ではなく、「チェックインを完了する」ということです。

空港は想像以上に広いので、1時間前に空港の駅なりバス停に到着してもチェックインが完了するまでに結構時間が掛かります。

慣れてれば、どこにどの航空会社のカウンターがあって、チェックインカウンターはどこにあるというのが、分かっているのでいいのですが、慣れていないと空港の中でも迷います。

さらに、締め切り間際だとチェックインカウンターも行列が出来ていることが多いため、結局締め切り時間には間に合いません。

そう考えると、ぎりぎりの空港到着時間は、1時間30分前です。

それでも、もし、チェックインの締め切り時間にも間に合わなかったらどうなるのでしょうか。

チェックインに間に合わなかった場合、予約変更可能なチケットは予約を変更し、他の便へ振替(ただし出発時間前に変更する必要あり)できます。

しかし、予約変更不可のチケットは紙切れになります。

それでも、搭乗予定の飛行機出発前に航空会社へ連絡しましょう。

出発前であれば、払い戻し手数料を払えば、お金が戻ってくるチケットもありますし、もしかしたら何かいい方法が見つかるかもしれません。

搭乗予定の飛行機出発後の場合は、本当にチケットは紙切れになり、払ったお金は1円も戻ってきません。

このようなことから、時間には余裕を持って楽しい旅をお楽しみくださいね。

次ページでは、各航空会社の国内線チェックイン締め切り時間と搭乗締め切り時間をご紹介していきたいと思います!!





コメントを残す