LINEでブロックされてるかの最新確認方法!iPhone以外でも使える、スタンプ・電話を使った裏ワザとは??


現在、手放せないコミュニケ―ションツールの代表であるLINE。

今まではメールを送っても、相手がメッセージを読んだかわかりませんでしたが、LINEには「既読」機能があり、とても便利になりました。

さらに、どうしても距離を置きたい相手に対して、連絡を絶つことが出来る「ブロック」機能はとても便利ですが、ブロックされた場合の通知がないため、自分の送ったメッセージに何日も既読が付かないままだと、「ブロックされてしまった?」と不安になりますよね。

今回は、相手からブロックされたかどうかを、確かめる最新の方法をご紹介します!

LINEでブロックされたらどうなる?

まず、ブロックしても、相手の画面ではトークが既読にならないだけで、「ブロックされている」という表示が相手側には出ることはありません。

またLINE電話に関しても、ブロックされている相手がかければコールされるので、「出ないな」と思うぐらいに感じるでしょう。

ブロックした側は着信もしませんし、不在着信の表示もでません。

しかし、一定時間を超えると「応答がありません」という画面表示が出る機種もあるようです。

またタイムラインなどでは、ブロックした相手が訪問しても、たいていは「まだ投稿がありません」という画面になっています。

しかし、全体投稿にした場合は表示されます。

だた、過去に投稿していると、全体投稿以外はすべて見られなくなるので、「あれ?ブロックされたかな?」と気付かれてしまうかもしれません。

グループにブロックした人物が入ってしまっている時は、トークも通話もグループ内ではブロック前と何ら変わりなく使用できます。

次ページでは、ブロックされてるか知ることのできる最新確認方法についてご紹介していきます!!





コメントを残す