爪に短い黒い線がうっすらとある場合の治し方って?考えられる原因を知って危険性の高い病気から身を守ろう!!

爪をみると簡単な健康診断ができる…?

爪はカラダの健康状態を示しているということで話題となっていることも多いのですが、どのような症状が爪に現れたら危険なのか…と疑問に思ったことはありませんでしょうか?

形状に変化があらわれたり、ベース色がピンクではなくなっていたり…爪に出る症状というのは、数多く存在しますが、今回は危険性の高い病気を示す症状でもある、「黒い線」のお話です。

健康的な爪は綺麗なピンク色をしていますが、そこへ薄っすらと黒い線があらわれたり、

くっきりと黒い縦線が入ってしまうと…まず「病気なの?」と不安を感じてしまいますよね。

主に爪から黒い線が出現する主な原因は、乾燥・老化・色素沈着の3つということなんです。

・乾燥

人間の爪は皮膚(肌)が角質化したものということで、肌と同様に爪も乾燥をしてしまいます。

硬さがあるために骨と同じものと認識されている場合が多い「爪」、実は肌の一部だったんですね。

・老化(加齢)

爪の老化によって、爪に黒い線が現れるということもあり、

40代以降の方が爪に異常を感じる場合は、加齢が原因である場合が多いです。

・色素沈着

比較的に色素沈着による黒い線は、10代~20代の方にあらわれやすい症状です。

時間がかかりますが、爪が順調に伸びていくことで自然と消えていくとされています。

他にも、「 爪の中の内出血」「ほくろが爪の中にできる」「外部から入った食べ物や薬品が反応して爪に現れる」「薬の副作用や水虫が影響」などが考えられます。

これらは、ネイルケアや乾燥予防などを行うことで、改善を見込めますが、本当に命にかかわる危険な病気を示すサインである可能性もあるんです。

ですから、黒い線が出現する病気はどのようなものがあるのか、未然に防ぐ方法はないのか、など次のページもあわせてご覧いただき、今のうちから知識を頭に蓄えておきましょう!





コメントを残す