ほとんどの人が知らない!お茶屋さんが語った急須の注ぎ口にあるキャップを外すべき理由とは?


お茶といえば急須

日本といえば緑茶に和菓子ですね!皆さんは日本茶をどのような方法で淹れていますか?最近では水出し茶など即席で楽しめるお茶が人気のようですが、やはり日本茶といえば急須ですよね。

急須といえば、たまに注ぎ口にビニール製のカバーがはめ込まれているものを見かけませんか。注ぎ口の破損を防止するために、お茶を注ぐときも付けたままでいる方は多いのではないでしょうか。

実はあのビニールキャップ、正しい使い方があるそうです。とあるお茶屋さんが語った内容に、ネットでは驚きの声が上がりました。

急須のビニールキャップ

陶器の急須は劣化すると注ぎ口などがかけてしまいます。注ぎ口にはめ込まれたビニールキャップを損傷防止のためにつけたままでいるご家庭は多いです。

この画像のように、急須の注ぎ口にはよくこんな風にビニールのキャップがついていることが多いですよね。しかし、三重県四日市市に店舗を置く老舗茶屋『お茶の川村園』さんはこれに付いて、「外した方が良い」と語ります。

一体なぜなのでしょうか?このことは、おそらくほとんどの方が知らないことだと思います。気になる方は次のページをご覧ください。





1 個のコメント

  • コメントを残す