腰回りの肉の落とし方!女性も男性も1週間の筋トレでスリムボディをGET!!※解説動画あり

年齢を重ねれば重ねるほど、体の脂肪は取れにくく付きやすいものですよね。

そして、体に脂肪が付くと体のラインが崩れてしまうので、見た目にも本当に嫌なものです。

これから体のラインがでる季節をむかえる前に、どうにかしたいと思っている方も多いでしょう。

さらに今回は、「腰回りのお肉」に注目し、短期間でも効果が表れて、腰回りをダイエットするエクササイズをご紹介します。

腰回りの肉が落ちない原因

そもそも、なぜ腰回りに脂肪が付いて落ちないのでしょうか。

基礎代謝によって脂肪はエネルギーとして消費されていくのですが、20代を超えたあたりからこの代謝が落ちていってしまいます。

それなのに、今までと同じようなペースで食事をし、さらに高カロリーな脂っこい食品を取り続けると、基礎代謝では消費しきれません。

学生時代ならスポーツしたり遊んだりといった活動で、消費カロリーできていたのですが、社会人になるとそうは行きませんし、運動不足によりどんどん蓄積されてしまうのです。

おまけに仕事のストレスで暴飲暴食…。

そんな生活習慣をされてはいませんか。

そんな方に有効なダイエット法は「有酸素運動」。

しかし「有酸素運動」は、開始して20分を超えないと、脂肪燃焼効果が出ません。

この効果を最もあげられるのが筋トレです。

つまり、筋トレと有酸素運動を組み合わせることで、お腹周りの脂肪を落とす最強のダイエットになるのです。

女性にオススメの落とし方

では早速、「腰回りの肉を落とすダイエットエクササイズ」を紹介していきます。

どの方法も簡単なものばかりなので、チャレンジしてみてください。

短期間でも腰回りの引き締め効果が表れますよ!

1、脇腹

床に座った状態で、腰回りと脇腹に負荷を加えるエクササイズです。

ここでのポイントは、普段の生活ではあまりしない姿勢なので、腰回りと脇腹のぜい肉を落とすのに最適なのです。

2、ひねり運動

床に膝立ちになり、ひねる運動をして腰回りをスッキリさせるエクササイズです。

こちらの動作は、力をそんなに必要としないので、女性でも簡単にできます。

3、スクワットひねり

スクワットをしながら上半身をひねり、腰回り・お腹・お尻・太ももを引き締めるエクササイズです。

ひねることで腰回りのぜい肉をスッキリさせる効果がありますし、さらにスクワットを加えることにより、負荷がかかり効果が期待できます。

4、ヒップアップ

床に仰向けになり、腰回りの引き締めとともにヒップアップが期待できる、ピラティスになります。

体を一直線にするとき、お腹・腰・お尻・太ももの裏に力が入るため、高いシェイプアップ効果が期待できますよ。

5、横になりながらできる

立て肘をつきなが横になってできるエクササイズです。

この体制なら、テレビを見ながらでも簡単にできる方法なので、リラックスしながら実践してみてください。

6、簡単!ニーリフト

四つんばいになり、両膝を床から上げるだけの簡単エクササイズです。

これなら手軽にできます。

7、お腹

床に横になりながら足をクロスさせることで、お腹と腰回りのぜい肉を解消させるエクササイズです。

こちらも横になりながらできるエクササイズなので、テレビを見ながらできるのでおすすめです。

8、ツインスティング

ここで、今まで紹介してきたエクササイズに比べると、少しだけ力を入れないとできないエクササイズです。

力を入れる分、腰回りのダイエット効果が期待できますので、チャレンジしてみてください。

男性にオススメの筋トレ法

まず、有効な筋トレのひとつが「スクワット」。

お腹周りの脂肪に「スクワット?」と思うかもしれません。

なぜ「スクワット」をするのか、その理由は、代謝を上げるために筋肉量を増やすため。

「スクワット」は太ももに効果抜群です。

まずは筋肉量の多い太ももを鍛え、基礎代謝を上げることが肝心。

基礎代謝を上げることが、脂肪燃焼力が上がることにつながります。

スクワットに加え、やはり「腹筋」を取り入れることも大切。

ポッコリしたお腹をぎゅっと引き締めるために、腹筋も行いましょう。

これらの筋トレをまず行い、その後20分ほどの有酸素運動を行うことで、効果的に脂肪を燃やすことができるのです。

有酸素運動は、室内で行うものでも十分効果があります。

ただし、運動だけでなく食生活の改善も心がけることも大切です。

偏った食事、アルコール、不規則な生活は太る原因です。

ぜひ夏に向けて、健康な生活と体を手に入れましょう!





コメントを残す