拒食症の症状は初期と末期で違う!?原因を知り、適切な治療法をしましょう!!


「拒食症」という言葉をご存知でしょうか。

食事が食べれなくなり、どんどん痩せていってしまう疾患のことを言い、若い女性に特に多く見られます。

そこで今回は、拒食症とは何なのか、そして拒食症の原因について見てみましょう。

拒食症の症状

拒食症は正式には「神経性無食欲症」や「神経性食欲不振症」と言います。名前の通り、精神的な理由によって必要な食事を取れなくなってしまう疾患です。

必要な栄養を摂取出来なくなるため、身体にも悪影響が生じ、最悪の場合死に至ることもあります。

拒食症は若い人によく見られる疾患で、特に女性に発症するケースが多くなっています。

「痩せている方が美しい」という風潮が一因と考えられます。

拒食症になると、これらのような症状が現れます。

・無気力

・抑うつ、不安

・イライラ

・低体温

・無月経

・骨粗しょう症

etc…

では、なぜ拒食症になるのか?

次のページでみていきましょう。





コメントを残す