流行りのアイコス、本当に欲しい?禁煙の為にアイコスを使うという選択肢、医師からみた見解とは?

タバコは欲しいけど、悪影響はいらない

タバコを吸っている人の多くが、一度は禁煙を考えたり、禁煙に挑戦したことがあるのではないでしょうか?

自身は吸わなくても、身近な喫煙者に禁煙を勧めたことがある人もいるのでは?

喫煙者本人が吸う主流煙にも体に有害な物質が含まれていますが、吐き出された副流煙にも多くの有害物質が含まれています。

非喫煙者の望まない受動喫煙を防ぐべく、様々な場所が禁煙指定されています。

しかしながらタバコ(主にニコチン)の依存性というのは非常に高く、タバコから離れるのにはそれなりの時間を必要とします。

体への影響を抑えて、ニコチンを摂取したい……

そこで近年流行っているのが、iQOS(アイコス)に代表される電子タバコです。

アイコスって何?

日本で主に売られている電子タバコは、正確には加熱式タバコです。

紙巻タバコを燃焼させずに加熱して、タバコ葉の成分を摂取します。

火を使わないアイコスなどは、タールの燃焼で発生する発がん性物質を減らすことができます。

その点では従来の紙巻タバコよりも健康的と言えます。

そう聞くと、アイコスを利用することが良いことのように思えますね。

では禁煙を目的としたアイコス利用、実際の医師の見解はどうなのでしょうか?

続きは次のページへお進みください。





コメントを残す