寝起きの口が臭いのはどうして?気になる口臭の原因は2つ!おすすめ口臭対策6選!


寝起きの口臭が気になる時はありませんか?前日の夜に歯磨きをしたのにと不思議に思いますが、実は寝ている間は口臭がきつくなる環境が最も整った時間なのです。

どうして口臭がきつくなってしまうのか、その原因と対策法を調査してみました!

どうして睡眠中は口臭がきつくなる?

睡眠中は口臭がきつくなる環境が整っている、とありますが、口臭がきつくなる環境とは、どんなものなのでしょう。

1唾液の量が減る

唾液には、口内の細菌を殺菌する効果があります。その唾液の量が睡眠中に減少し、細菌が増えやすい状態になってしまうのです。また、唾液には口内を洗浄する効果もあります。睡眠中、唾液の量が減ると口内が洗われずに、口臭がきつくなりやすいのです。

2口内細菌が最も増える

口内は食事の3時間後から菌が増え始め、8時間後には最も多くなります。食事の8時間後は睡眠中であることが多く、食べ残しなどがあれば細菌によって口臭の原因となるガスが出るため、寝起きの口臭がきつくなる傾向があります。

口臭がきつい人の特徴

口臭がきつい場合には以下のような特徴があります。

・寝る前に歯磨きがきちんとできていない

・虫歯や歯周病がある

・舌が汚れている

・睡眠中に口呼吸をしている

朝起きた時に口が渇いている場合は、睡眠中に口呼吸をしていると考えて良いでしょう。

これらの特徴は、どれも口内の細菌が増える原因になる状態なので、少しでも解消することが大切です。

気になる続きは次のページからご覧下さい!!





コメントを残す