結核の症状、初期は注意すべき咳の特徴がある!?感染と潜伏期間について、治療の詳細まとめ!

 一度は消えた病気と思われていた結核ですが、最近また感染する人が増えてきています。咳の症状の特徴で、初期の結核が分かります。今回、は結核について感染と潜伏期間などをご紹介いたします。

結核とは?

 結核とは結核菌が臓器などに感染し、増殖した結果引き起こされる病気です。もっとも多く見られるのが肺への感染、「肺結核」です。

 結核菌が肺で増殖すると、炎症が起こります。そして、炎症箇所がどんどん拡大します。初期の症状を無視していると、肺が空洞化し呼吸機能が低下します。

 さらに結核菌は腎臓、腸など他の臓器にまで感染することがあります。重症化すると呼吸困難になり、他の臓器が機能しなくなり死に至る可能性があります。

感染と発症

 結核の発症率は、10人に1〜2人と言われます。ところが結核菌は非常に強く発症しなくても、人の体内で生き延びている可能性があります。

 生活習慣病の1つである糖尿病で抵抗力が弱まっている時には、結核菌が活性化して発症するリスクが高まります。また、若い世代の人々は結核菌に対して免疫機能を持たないために発症しやすいです。

 加えて、結核という病気に対して知識を持たないために感染被害をもたらすというケースもあります。そんな結核の潜伏期間については、次のページで詳しくご紹介いたします。





コメントを残す