難聴の原因と治療法、高齢者の場合はこちら!難聴によるストレスを軽減する方法とは?


 高齢者の難聴は本人だけでなく、周りにいる家族にとって大きなストレスの原因になります。そこで今回は、高齢者の難聴の原因と治療法についてご紹介いたします。

難聴とは?

 実は、難聴には感音性難聴と伝音性難聴の2種類があります。耳の障害がおこった箇所によって、感音性難聴と伝音性難聴に別れます。

 耳は外耳、中耳、内耳の3部位に分かれています。外耳、中耳で問題が生じたことから難聴に至るのが、伝音性難聴です。内耳に問題が生じた時に、感音性難聴になります。

 実は、内耳は耳から入った音を脳に送る働きを担っています。なので内耳に問題が発生すると、音自体を上手くキャッチするこができず、言葉に変換することができなくなり脳に信号が送れなくなります。

老人性難聴の症状

 老人性難聴の症状は高い音が聞き取りづらくなり、言葉も理解しづらくなることです。また老人性難聴の特徴として、言葉の聞き分けにとって重要な高い音を中心に聞き取りづらくなる感音性難聴の症状が出てきます。

 老人性難聴の大きな問題点は言葉を理解することができなくなり、意志疎通ができなくなることでトラブルが発生することです。そんな時に家族が補聴器の利用を促すと老人の気持ちを傷つけることになり、家族間に亀裂が生じるというトラブルが発生します。そんな老人性難聴の対処法は、次のページで詳しくご紹介いたします。





コメントを残す