ブロッコリーの茹で方はレンジの場合、栄養に変化がある!?正しい茹で時間はこちら…!



ブロッコリーのおすすめレシピ

ついワンパターンになってしまいがちなブロッコリーの料理。しかし、意外と簡単にブロッコリーを使った料理のレパートリーは増やせるのです。

View this post on Instagram

いろんな栄養がギュッ!子供に人気の 【ブロッコリーの白和え】 簡単に出来て、栄養たっぷり✨✨ 薄味なのに、ゴマと鰹節の風味で奥深い味わいが出せます! 息子も一口食べて『おっ!』って顔をしていました😆途中からは待ちきれず手づかみでパクパク! 【材料】ブロッコリー3房、木綿豆腐50g、練りゴマ 小さじ1、すりごま適量、醤油2滴、鰹節2〜3つまみ ※お醤油の量は月齢に合わせて食べやすく調整してあげて下さい。 【作り方】 ①ブロッコリーを柔らかく茹で、食べやすい大きさに刻む。(ビタミンが溶け出さないよう、バーミキュラで無水調理するのもオススメです) ②木綿豆腐を湯通しして、しっかりと水切りしておく。 ③ブロッコリーに、手で細かく潰した豆腐と全ての調味料を混ぜ合わせたら完成! #1歳 #育児 #幼児食 #おうちごはん #レシピ #バーミキュラ #yoga #organic #healty #slowlife #今日も元気

A post shared by nanae_n_kitchen (@nanae_watanabe) on

ブロッコリーとハム卵の炒め物

 ハムを軽く炒めて、蒸したブロッコリーを投入。塩、こしょう、お好みで顆粒コンソメで味付けし、溶き卵を流しいれ混ぜれば出来上がり。朝ごはんやお弁当にも重宝します。

ブロッコリーと鶏肉の豆乳クリーム煮

 栄養が溶け出してしまっても、そのスープごと飲んでしまえば問題ありませんし、蒸す必要もなくなります。塩コショウした鶏もも肉、玉ねぎをフライパンで焼き、水200ml、顆粒コンソメ大さじ2杯、小房に切ったブロッコリーを入れ蓋をして煮ます。

 混ぜておいた豆乳200mlと片栗粉大さじ2杯を投入し、とろみがつくまで煮ましょう。名前だけみると大変そうですが、簡単にできます。

ブロッコリーの保存

 ブロッコリーには保存方法など、いくつか注意すべき点がございます。まず加熱方法で、お湯がだめならレンジを使う方法もありますが、あまりお勧めしません。

 ブロッコリーはアルカリ性なのですが、レンジで加熱すると酸性になってしまうからです。酸性の食べ物を摂取しすぎると、内臓脂肪がつきやすくなってしまいます。

 そして、保存するならチルドルームがお勧めです。ブロッコリーは鮮度が落ちやすいので、3日以内に食べるようにしましょう。3日を過ぎてしまうと、栄養も旨味も半減してしまいます。

 1度に食べきれない場合は、固めに蒸して冷凍保存しておきましょう。冬が旬のブロッコリー、蒸したりスープにしてたくさん食べ、健康と美容を手に入れましょう。

気に入ったらいいね!してね♪





コメントを残す