ジャガイモはレンジで皮ごと加熱したときのほうが皮むきしやすいって知ってた??

ジャガイモ大好き!

ジャガイモは栄養たっぷりでお値段もリーズナブル、食卓には欠かせないアイテムですよね。そんなジャガイモ、みなさんレンジで加熱するときはどのようにされていますか?

皮をむいてから加熱している方には、皮のままチンする方法をオススメします。上手においしく栄養たっぷりにジャガイモをレンジで加熱する方法と、レンジから出したあとの皮むきのコツについてご説明いたしますね。

ジャガイモをレンジでチンしておいしく頂く方法

皮つきのままで水で軽くあらったジャガイモを、ラップにくるんでレンジに入れましょう。

加熱時間は大きいジャガイモで3分、小さいジャガイモの場合は2分ぐらいが目安ですね。

ジャガイモにお箸や竹串がスッと通る加熱時間が、ジャガイモ全体に火が通るベストの時間です。

取り出したら熱いうちに皮をむくのがきれいに皮むきするポイントです。冷めてしまいますと皮とジャガイモの身がくっついてしまってきれいに皮をむくことができなくなってしまいます。じゃがいもをむくときは、火傷をしないように注意してくださいね。タオルやグローブをはめた手でジャガイモをもって、もう一方の手でささっとむくようにしましょう。

こうやってレンジでチンして手で皮をむくと、皮とじゃがいもの身の間の栄養たっぷりの部分をジャガイモ側にしっかり残して皮だけとりはずすことができて、栄養満点のジャガイモ料理になりますので、包丁で皮をむいてから加熱する方法より断然オススメなのです。

ジャガイモをレンジで皮ごと加熱したときの皮むきのポイントまとめ

以上が簡単ですが、ジャガイモをレンジでチンして皮をきれいにむく方法のポイントご紹介です。特に、新ジャガの季節は、皮もやわらかいですのでレンジでチンして皮をむかずに頂くのもなかなか美味しいですよ。

最後に1点だけ注意点です。皮が緑がかっている場合は皮付きのままレンジでチンはお薦めできません。皮付近に毒が含まれている可能性が高いですから、しっかり包丁で皮と芽を切り取って調理するようにしてくださいね。





コメントを残す