飛行機でぐっすり寝る方法とは・・・?枕や寝方にコツがあり!?


 飛行機に長時間乗っての移動は、とても疲れます。とりわけエコノミー区明日で長時間過ごすとなれば、少しでも快適に過ごせるように工夫しなければいけません。そこで、今回は飛行機でぐっすり寝る方法を紹介しましょう。

快適に過ごすには服装から

 キャビンアテンダントの方によれば、まず女飛行機に乗る際には、締め付け感のない服装をした方が良いようです。おすすめは、ロングスカートやマキシ丈のワンピースです。

 さらに、カーディガンやパーカーなど羽織るものを持って飛行機に乗ってください。機内の空調が低く設定されている場合が多いため、羽織るものを持っている方が快適です。

 また服の素材も心地良く、自分の好みに合ったものを選んでください。機内ではむくみやすいため、ひざ下の着圧ソックスを飛行機内で履いておくとむくみ予防になります。

 靴を履いたままだと寛げないので、機内でスリッパに履き替えましょう。服装のポイントが分かったところで、次は座席選びについて考えてみましょう。

飛行機のおすすめ座席

 飛行機の座席選びは、旅の質を決める大きなポイントの1つです。まず、エンジン音が響く翼部分の座席は避けるべきです。

 また、エンジンの騒音は後方座席の方が大きくなるため、前方の座席を選びましょう。さらに、化粧室近くの座席は、人の往来も激しい上にトイレの不快な臭いが漂ってくるので避けます。

 次に通路側か窓側のどちらを選ぶかですが、窓側の方が枕や毛布を使って眠れる空間を作ることができるのでお勧めです。通路側の座席はもたれる場所もありませんし、隣りの座席の人がトイレに行く度に座席を立たなければなりません。

 座席については以上ですが、飛行機にどのような物を持って乗れば良いのかと悩んでいませんか?答えは、次のページにてご覧ください。





コメントを残す