くびれの作り方(即効編)→1週間筋トレするだけで男女問わず、簡単に手に入れられる!!


肌を出す季節になると、欲しいのがくびれ

そして、理想的なくびれを作るには、食事制限をして脂肪を減らすことはもちろんですが、筋トレをして筋肉をつけることが大切です。

しかし、単に腹筋をすればいいだけではありません。

ポイントは”腹斜筋”なのです。

男女ともにオススメ!5つの”腹斜筋トレーニング”

それでは早速、トレーニングを始めましょう!

普通の腹筋運動と違い、慣れないところがあるかもしれません。

全てトレーニングする必要はありませんので、自分にあったトレーニングだけ挑戦しましょう。

①サイドクランチ

横向きに寝た状態で腹斜筋を鍛えるトレーニングです。

こちらは、初心者向けになっていますので、まずはこちらから始めてみましょう。

⑴横になって膝を曲げて、手を横にまっすぐ伸ばす

⑵片方の手は頭の後ろにして、胴が丸っこくならないようにまっすぐにして上半身は立てます

⑶下半身は膝を90°に曲げます

⑷肋骨を腰に近づけるように上体を起こす

⑸限界のところまできたら、腰を曲げる

⑹ゆっくり元の体勢に戻って1~5の動作を繰り返す

とても簡単なので、テレビを見ながら楽しくやってみましょう。

②ツイストクランチ

次は、体をひねることで腹斜筋を鍛えるトレーニングです。

サイドクランチに比べると、難易度があがりますので余裕があったら挑戦してみましょう。

③お腹周りをスッキリさせる

こちらは、連続してお腹に負荷がかかるので大変かもしれませんが、その分腹斜筋を効率よく鍛えられるトレーニングです。

④ねじりのポーズ

このトレーニングは、お尻が痛くなる可能性があるので、お尻の下にクッションや座布団を敷いて行うことをお勧めします。

このトレーニングは、体のバランスを取るのが難しいので、周りに物がないようにして気をつけておこなってください。

⑤ダンベル

立った状態で腹斜筋を鍛えるトレーニングです。

ダンベルがない場合は、500mlのペットボトルに水を入れておこなってください。

そんなに負担がかからないように思えますが、ひねった方向の脇腹にかなりの負担がかかりますので、ぜひ挑戦してみてください。

いかかでしたか。

腹斜筋トレーニングを続けていると、筋肉痛だけではなく、過度な負担が体にかかり痛みがでてくる事があります。

その際は、無理をせずトレーニングを中止してください。

そして痛みがなくなりしたら、またトレーニングを再開しましょう。

次ページではくびれを即効で作れるストレッチ法についてご紹介していきたいと思います!!





コメントを残す