靴の臭いをとる、最強の方法が存在した!?長年履いてしみついた頑固なニオイもスッキリ消臭!!


足や靴のニオイを気にしている方は、多いですよね。

足は外出時に、靴ですっぽりと覆われた状態になります。

今では通気性に優れた靴もいろいろと売り出されるようにはなっていますが、それでもニオイはこもりがちでしょう。

特にたくさん歩き回って汗をかいてしまうと、足が蒸れて靴のニオイもひどいことに。

靴を脱いだ途端に立ち昇るほどの悪臭ともなれば、家族や仕事先の人々、恋人などにもイヤがられてしまいかねません。

そこで今回は、靴にこもった悪臭を取り除くための方法をご紹介します。

正しい洗い方

靴のニオイの原因は、「汗」と「雑菌」。

汗で蒸れて雑菌が繁殖することで、靴は悪臭を放つようになってしまうのです。

靴のニオイを消すには、靴を殺菌し、乾燥させる必要があります。

洗うだけではダメで、速やかに乾かさないと雑菌が繁殖してしまう可能性すらあるのですね。

※ニオイを消す手順

1、靴を洗う

2、洗った靴を十分に乾燥させる

3、乾燥した靴をアルコールスプレーなどで殺菌する

4、インソールなどで靴の内部を除湿(「菌ピタ君」がオススメ)

 

5、足にも制汗クリームなどを塗っておく(「デオナチュレ」がオススメ)

 

これらを行うことで、靴のニオイが劇的に消えてしまいます。

重曹を使った方法

※重曹を使った主な消臭方法

1、重曹シューズキーパーの作り方

重曹・・・1/2カップ

使い古しの靴下・ストッキング・・・一足

重曹を使い古しの靴下かストッキングの中にれ口を結びます。

それを臭いの気になる靴の中に入れて一晩置くと重曹が臭いや湿気を吸いとってくれるので、翌朝にはクサ~い臭いもすっきりリセットされているはずです!

2、足自体の臭いにも重曹を

足の臭いが気になる方には重曹で足湯がオススメ。

洗面器にお湯を入れ、大さじ2~3の重曹を溶かし足を浸けて15分のんびりするだけで効果があります。

もっと強力に臭いを消し去りたい方は、お酢を大さじ1ほど加えてみてもいいでしょう。

3、緊急で靴のニオイを消したい場合

緊急の場合は粉のまま使います。

重曹を大さじ1程、靴の中に直接振り入れシャカシャカと靴を揺すり、最後に重曹をはたいて捨てます。

これだけでだいぶ効果がありますが少し余裕があるなら、シャカシャカし終わった重曹を玄関にまいて、掃き掃除すると玄関の汚れも一緒に落ち一石二鳥ですよ。

他の方法については次ページからどうぞ!!





コメントを残す