ワセリンと綿棒だけで花粉症と完全にオサラバできる?さらにある果実でも対策可能だった!?

 花粉症のせいで素敵な季節である春、秋を楽しめない人は多いでしょう。鼻はグズグズ、目はショボショボの状態では全てが憂鬱です。そんな花粉症を改善する方法がネット上で話題になっているので紹介しましょう。

 準備するものは、ワセリンと綿棒です。ワセリンを綿棒を使って鼻に塗るだけで、花粉症の症状を改善することができます。ワセリンが、花粉の侵入を防ぎ鼻水やかゆみから守ってくれます。

この方法に対してネット上では、「ワセリンとは経済的だ」「塗って外出するとくしゃみと鼻水が全く出ない」「マスク無しでも大丈夫だった」という声が挙がっています。ここで、花粉症についてもう少し詳しくみてみましょう。

アレルギー性鼻炎

 花粉症は、アレルギー性鼻炎の1つの症状です。アレルギー性鼻炎は、体の過剰な防御反応です。残念なことに、薬で治療することはできません。

 ほこりやダニなどによっておこるアレルギーではくしゃみ、鼻詰りが一般的な症状です。花粉症では目、耳、喉のかゆみ、皮膚荒れ、頭が重いという症状が加わります。

 アレルギー性鼻炎は、治療よりも予防を重視します。予防としては、室温を20から25度に保ち50パーセントの湿度を維持し、絨毯、畳、織物のソファーなどを避けるようにします。

 それでは次のページで、花粉症の予防グッズや花粉症の対策に効果てき面なある果実についてご紹介いたします。ぜひご覧ください。





コメントを残す