左向きで寝るようにするとあなたの体にある変化が起こる!?今すぐ実践してみて!

生き物が睡眠を取る理由は未だに解明されていません。最も信ぴょう性のある理由としては脳や体を休ませることで体を健やかに保ち、生命を維持しているという考えです。

睡眠は人の成長にとても重要であり、寿命にも大きくかかわりがあることが明らかにされています。また、寝る時の体勢は人によって異なります。

心を落ち着かせる体勢と体に良い体勢は、別物であることをご存じでしょうか。今回は、体にとってとても左向き寝をご紹介いたします。左向き寝を続けると、体にとても良い変化が現れるのです。

消化不良による食道炎の予防

消化しにくい揚げ物や激辛料理を食べたてしまった日は、左向き寝を意識しましょう。右向きで寝ると胃酸が逆流してしまい、胸やけや食道炎に繋がります。

左向きに寝ると、重力により消化器官では食べたものの移動がスムーズに行われるのです。そのため、逆流性食道炎の予防に繋がり、便秘も解消されるのだそう。

気道確保

他人のいびきが原因で、全く眠れなかったという経験はございませんか。いびきの原因が「閉鎖性睡眠時無呼吸症候群」なら、寝方を左向きに変えるだけで解決するかもしれません。いびきが出る原因は、仰向きに寝たさいに舌の根部で気道を塞いでしまうから。

左向き寝に変えるだけで、本人の負担も減り、一緒に寝ている方のストレスも軽減されることでしょう。そのほかにも、左向きで寝ることのメリットはあります。続きは次のページにてご覧ください。





4 件のコメント

  • 私の親父は、私が子供の頃「食べた物が、出ていくとき、横行結腸を下る必要があり、それには身体の左側を下してに寝れば、食べて不要になった物が出やすい。」と言っていました。今回のテーマと一致していると思い、懐かしく思い出しました。

  • いまさら何を言いますか、
    昔から有名な話で、
    誰でも知って色ことでしょう

  • コメントを残す