森永のラムネ菓子、子供の食べ物だけど大人が食べるとすごい効果を得られる!睡魔や二日酔いに・・・


森永のラムネ菓子の意外な効果

口に入れるとシュワシュワっと溶けて甘い酸っぱいラムネのお菓子は、子供の頃に誰でも一度は食べたことがあると思います。森永のラムネ菓子は昭和48年から発売されている超ロングセラーのお菓子のひとつです。

そんなラムネ菓子が意外な効果で今注目を浴びています。なんと子供のお菓子なのに、大人の体調維持に良い効果が期待できるらしいのです。

二日酔いでムカムカしている時や眠たい時に、ラムネ菓子を食べたら気分がすっきりしたという噂があります。本当にそんな効果があるのでしょうか?ズバリ、あります!そればラムネ菓子に含まれるブドウ糖の効果です。

二日酔いにブドウ糖

今日はほどほどにしておこうと思っていても、同僚や上司から「軽くやって(飲んで)行かないか。」と誘われて、「結構です。」と断れる勇気のある人は少ないと思います。飲み過ぎた翌日に限って、急に誘われるのはマーフィーの法則でしょうか。

二日酔いにはいろいろな原因があります。アルコールを分解する水分不足による、脱水症状アデノシンによる血管拡張による頭痛などです。

特に糖の不足は低血糖症になります。なぜ糖が減るのでしょうか、それは肝臓がアルコールの処理を優先するからです。糖の生産が停止して脳に必要な糖分が不足してしまうのです。それを補えるのがラムネ菓子に含まれるブドウ糖です。





コメントを残す