危険な目の充血、痛い場合は要注意!原因をしってしっかり対策しましょう!!


危険な目の充血!注意しなきゃいけない充血って!?

朝起きて鏡を見ると、あれ?目が腫れて充血してる。

目の充血って日常的によくあることですよね。

たいていの人はそのまま放置したり、市販の目薬を差せば治ると思っているものです。

しかし目の充血には危険なものもあるって知ってましたか?

ここでは目の充血で注意しなければならないものを紹介しようと思います。

痛みがある充血は要注意

充血に痛みが伴う場合は危険信号です。

角膜ヘルペスや急性緑内障、角膜炎などの病気の危険性があります。

角膜ヘルペスは、ヘルペスウイルスの一種が目に入って起こるもので、

帯状疱疹や目がちかちかするなどの症状を伴い、悪化すると失明する危険性もあります。

他にも充血や痛みと共に頭痛や吐き気、目がかすむといった症状がある場合は、

急性の緑内障が起こった可能性があります。

このような症状を放置してしまうと重篤化してしまいます。

目の痛みを感じたらすぐに眼科を受診してください。

では痛みがない場合はどんな原因が考えられるのでしょうか?

気になる続きは次のページからご覧ください!!





コメントを残す