ホワイトニングはセルフで自宅がオススメ!?圧倒的効果を発揮する方法がこれだ!!

歯は白い方がいいですが、ホワイトニングまでする必要があるのでしょうか?

黄ばみが気になり始めた方の多くが自分で歯を白くないかと考えるのではないでしょうか?

着色の原因や自分で出来るホワイトニングの方法を紹介していきます。

着色の原因

着色の原因には、内部からの原因外部からの原因の二つがあります。

内部からの原因は主に加齢による歯の黄ばみです。

歳をとると歯の表面を覆っている半透明の白色物質である「エナメル質」が、摩耗し薄くなることで、内側の象牙質が透けて見えやすくなることが原因となります。

外部からでは「ステインによる着色」というものが起きます。

これはコーヒー・お茶・タバコなどに入っており、それが歯に付着することで黄ばみとなります。

ステインを付着させない方法の一つとして、歯の表面を傷つけないというものがあります。

これは、歯の表面はつるつると滑沢ですが、歯磨き粉などの研磨剤で強くゴシゴシと強く磨いてしますと、細かな傷がつきそこにステインが付着してしまいます。

また、飲食後の習慣として、うがいや口をゆすぐなどするとステインの沈着を防ぐことができます。

自宅でセルフでできる歯の汚れの落とし方

もっともお手軽な方法としましては、ドラッグストアなどで売っている「ステイン除去アイテム」を使用することです。

ホワイトニングに特化した歯磨き粉には、重曹や研磨剤などが入っており、表面についた着色汚れを削り落とす力があります。

その他には、電動歯ブラシの「ステイン除去機能」を利用することもおすすめですが、研磨剤入りの歯磨き粉と電動歯ブラシの併用はおすすめできません

ホームホワイトニングって何?

ホームホワイトニングは、自身で行うホワイトニングのことで、歯医者さんで自分専用のマウスピースを作ってもらい、専用の薬をマウスピースにつけるのです。

そしてそれを毎日つけてください。

このようにメンテナンスが簡単だと言われています。

とても簡単なのでホームホワイトニングを初めに始める人がたくさんいます。

この方法では約2週間で効果が出るのです。

歯医者さんやサロンには通わず、自分の都合の良いタイミングで歯を白くすることが可能なので平日に予定があって歯医者さんへ通うことができない方にもおすすめです。

自分にあったオススメのホワイトニング方法

ホワイトニングには、3種類あって、歯医者さんで行うオフィスホワイトニング自宅で行うホームホワイトニング2つのホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングがあるのです。

ホームホワイトニングをするためにマウスピースを作成し、専用の薬剤を購入するだけで何度もメンテナンスを行えます。

オフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングの場合は、メンテナンスを行うと費用がかかってしまいます。

またホワイトニングは自費で治療となりますが、ホワイトニング剤や土地柄、スタッフの人件費などによって料金が違うのです。

あくまでも相場なので歯医者さんによって平均相場とは異なる場合もあります。

オフィスホワイトニングの場合は\15,000~\50,000、ホームホワイトニングの場合は\15,000~\30,000、デュアルホワイトニングの場合は\30,000~\80,000と歯医者さんによって料金が異なるので調べてみてください。

ホームホワイトニングは、効果が出るまでに時間がかかりますが、白さを維持できるのはホームホワイトニングとデュアルホワイトニングです。

3つの方法の中で自然な白さになるのはホームホワイトニングだと言われています。

ホームホワイトニングは、歯の内部(象牙質)から漂白していき、低濃度の薬液を使っているので徐々に白くなっていき、後戻りがしにくく、自然な白さになります。

コーヒーやワイン、カレーなどの着色は表面の汚れなのでオフィスホワイトニングで白くすることができますが、加齢による黄ばみは、内部から生まれるのでホームホワイトニングしたほうが効果を実感できます。

タバコを吸っていないのに黄ばみで悩んでいる人は、年齢による黄ばみかもしれません。

ホームホワイトニングは、一般の方が自分で行うものなので薬液は刺激が少なく、知覚過敏になりにくいと言われています。

即効性の高いオフィスホワイトニングは、専門の資格を持った歯科医師や衛生士のみが使うことのできる高濃度の薬液を使っているため、多少の痛みがあります。

効果が出るのに個人差があるので、気になる方は歯医者さんに聞いてください。

メンテナンスや食生活などで大きく変わります。

色の変化には個人差がありますが、約2週間で2~3段階白くなるそうです。

やればやるほど効果的なので毎日のホワイトニングが楽しくなると思います。





コメントを残す