黒ニキビを簡単かつ早くケアする治し方!潰すことなくやる鍵はレモンと塩水にあった!?

ニキビは、毛穴の中に皮脂や汚れが詰まってしまうことで起こります。

そして、ニキビが進行するにつれて、詰まった皮脂や汚れが毛穴の中に収まりきらず、表面に出てきてしまうことがあります。

その表面に出てきた部分が、空気に触れると酸化し、酸化した部分は、黒く変色してしまいます。

黒く変色した毛穴の皮脂や汚れが黒ニキビの正体なのです。

黒ニキビの特徴は、赤ニキビや黄ニキビと違い、まだニキビの炎症は起こっていません。

しかし、黒ニキビが進行すると、毛穴の中でニキビ菌が繁殖してしまい、炎症が起きてしまう可能性を持っています

ニキビの炎症が起きてしまうと、長引いたりニキビ跡が残るリスクが非常に高まります。一刻も早く、黒ニキビを治すことが重要です。

 

黒ニキビを潰すと…?

気になってしかたないので、黒ニキビを潰してしまう人がいます。細菌だらけの手でニキビを潰すことで、症状を悪化させたり広範囲に黒ニキビができたりすることもあります。

また無理に潰すと色素沈着を起こし、ニキビ跡が消えなくなりシミになってしまいます。さらに、皮膚細胞が破壊されて皮膚が窪んだニキビ跡になります。もっと悲惨なことになると同じ場所にニキビができやすくなり、刺激を与えたせいで皮膚も厚くなってしまいます。

鍵は塩水とレモン!?

塩小さじ1、水小さじ1、レモン汁小さじ半分を混ぜます。その後、気になるポイントを優しく3分程マッサージしてください。

その後、ぬるま湯もしくは水で洗い流します。この塩水レモンスクラブでのマッサージは、週1から2回行うことで充分です。塩には自然な殺菌効果があり、この力が毛穴を開かせて汚れが出やすくさせます。

注意しなければいけないのは、強くこすらないということです。

また、肌の弱い人や乾燥肌の人には不向きなケア方法です。

そのほか、洗顔フォームに関することについて次のページで詳しくご紹介いたします。





コメントを残す