夏バテに効く食べ物は?簡単レシピやコンビニで手軽に手に入るものまで、ランキングを徹底紹介!!


年々、夏の暑さが異常になっていますね。

そんな時「なんだか食欲が出ない…」という方いませんか。

冷たいものや軽いもので食事を済ましていませんか。

食事をおろそかにすると、ますます体力が落ちるという悪循環に陥ってしまいます。

こんな暑い夏だからこそ、しっかり栄養をとって夏バテにならない身体作りをしましょう。

今回は夏バテに効果的な食べ物を紹介していきます。

夏バテに効く食べ物

※夏バテに効果的な栄養素4つ

では、夏バテを解消するためには、どんな食べ物が効果的なのでしょうか。

夏バテ解消に効果的な栄養素と、その栄養素を含んだ食材とは…。

夏バテを解消し、夏バテにならないようにするためには、しっかりと栄養補給をすることが重要です。

たんぱく質とビタミンB群、ビタミンC、ミネラル(マグネシウム、鉄、カルシウム、カリウムなど)をしっかり摂りましょう。

※栄養素を効率的に摂取できる食べ物

『レバー』

鉄、たんぱく質、ビタミンB群、その他ミネラルが豊富で、高栄養食材のひとつです。

調理が大変な場合は、お惣菜の焼き鳥や外食を利用してもよいでしょう。

『豚肉』

夏バテ対策に豚肉とはあまり聞いたことがないかもしれませんが、豚肉にはビタミンB1という成分が豊富に含まれていて、このビタミンB1は糖をエネルギーに変える栄養素で疲労回復の効果や食欲を増進させる効果があります。

食べやすい食べ物なので1日1品は豚肉にされてみてはいかがでしょうか?

『うなぎ』

糖質や脂質の分解を助ける働きのビタミンB群が豊富です。

また、免疫力アップに欠かせないビタミンAも豊富に含んでいるため、レバー同様高栄養な食材だと言えます。

『梅干し』

酸っぱい食べ物と言えば梅干しが代表的ですが、この酸っぱいのがクエン酸で、クエン酸は日々の疲れで蓄積されている乳酸を除去してくれる効果があるということ。

疲労を適時取り除くために、朝梅干し1つ食べる習慣を持たれてはいかがでしょうか?

『ニンニク』

ニンニクの効果は何といっても食欲不振の解消。

夏バテになるとなかなか食欲が無くなるという方々も多いのではないのでしょうか?

そんなときはニンニクを食べて食欲不振を解消してみては?

『枝豆』

糖質、たんぱく質がバランスよく含まれ、ビタミンB群やビタミンCも含まれます。

こちらも夏の定番ですよね。

『パプリカ』

野菜の中でもビタミンCが多く含まれていて、ビタミンAやEといった抗酸化ビタミンも豊富です。

夏の食事にぜひ加えてほしい食材のひとつです。

『夏野菜』

水分が多く、体を冷やす効果のある夏野菜。

ピーマン、なす、トマト、ゴーヤ、オクラ、きゅうりなどが挙げられますが、旬の時期は味も格別です。

食欲がないときは、冷やしたきゅうりやトマトを食べて、体を冷やしてから食事を摂ると、食欲増進につながります。

『レモン+海塩+水』

疲労回復にもってこいの酸とビタミンCを含むレモン。

そして、ミネラルが豊富な海の塩。

それらを水に溶かして、オリジナルの夏用ドリンクを作るとよいでしょう。

朝起きたときと、寝る前に飲むだけでも効果を実感できます。

次ページではコンビニで手軽に手に入る夏バテ防止メニューをご紹介します!!





コメントを残す