口内炎を自分で治す5つの方法!患部にあのチーズを塗るだけでよかった!?

 口内炎、とてもつらいくて食事も楽しめませんよね。一方で、我慢していると数日後には口内炎は自然に治ります。ところが、口内の粘膜の深い部分で炎症を起こしている口内炎は、数週間にわたり不快な状態が続きます。

 口内炎が頻繁に起こるようであれば病院での診察をおすすめします。軽い口内炎を自分で治す方法を、今回はご紹介しましょう。

口内炎の原因

 不快な口内炎ができる原因を見てみましょう。口はほこりや細菌、ウィルスの影響を受けやすい箇所です。口内炎ができる原因は、色々あります。

 歯磨きの仕方や、義歯が合わなかった場合でも口内炎はできます。主要な原因を以下に紹介します。これを見ると、口の中はかなり敏感であることがよく分かります。

・栄養バランスと生活習慣の乱れから体の抵抗力が低下

・口内の健康に必要なビタミンB群の不足

・ストレスと睡眠不足

・ドライマウスによる口内環境の悪化

・口内のバランスの悪化に伴う特定の菌の増殖

・発熱と抗生物質の影響

・歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤の影響

ビタミンB群を含む食品

 口内炎の原因の1つである、ビタミンB群が多く含まれている食品を見てみましょう。主にビタミンB2とB6が不足すると、口内炎を引き起こします。

 口内炎を引き起こすストレスを克服するには、ビタミンB1を必要としています。ビタミンB1は豚肉、ゴマ、大豆、卵、ほれんそう、あじ、さばなどに含まれています。

 ビタミンB2は海草、牛豚のレバー、さば、うなぎ、卵、しいたけ、ブロッコリー、ほうれん草、牛乳、チーズに含まれています。ビタミンB6は、豚牛のレバー、牛乳、チーズ、キャベツ、トウモロコシに含まれています。

 牛乳、卵、海草、野菜、豆を摂ればビタミンB群をまんべんなく摂取できます。以上の食品を摂ることで、口内炎や唇のひび割れを防げます。それではいよいよ次のページで、口内炎を自分で治す5つの方法をご紹介いたします。





コメントを残す