毛深いとお悩みの女子に朗報!男性でも効き目抜群の解決方法がこれだ!!

女性が一般に毛深いといえば、すねやひざ、あるいは腕の初毛を指します。

体毛は部位によって男性ホルモンの影響や女性ホルモンの影響により密生する量が影響されます。

毛深いとは、他人と比較してないところにある、あるべきところの毛の量が多いことを毛深いといいます。

幼少のころから毛深いと思っている方はやはり遺伝子の影響を受けていますが、成長してから毛深くなっている女性も多くいます。

処理方法をどうしていいのかわからない方もいらっしゃるのでは?

そんな時、自己判断で処理をされると思いますが、絶対行ってはいけない処理方法もありますので、確認してみてくださいね。

毛深い原因・特徴

男性が毛深いのには、実はちゃんとした原因があります。

悩む前に、まずその原因をしっかり押さえましょう。

⒈遺伝性

幼い頃から毛深かい方は、まず遺伝を疑いましょう。

両親のどちらかに毛深い人がいた場合、100%遺伝のようです。

また、両親は毛深くないという方でも、祖父母はいかがですか。

隔世遺伝の可能性もあるのです。

⒉ホルモンバランスの乱れ

以前はそれほど目立つ感じではなかったのに、急に毛が濃くなったと感じる方は、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

男性ホルモンには、毛の成長を促したり、体を筋肉質にしたりと男らしくするための働きがあります。

特に、脚や腕などが急に毛が濃くなったという男性は、男性ホルモンが増加しているのが原因といえるでしょう。

⒊生活環境

忙しくなかなか睡眠や食事がとれなかったり、イライラした日々を過ごしていることはないでしょうか。

睡眠不足やストレス、偏った食生活はホルモンバランスを乱してしまいます。

ホルモンバランスの乱れが、毛深くなる原因でもありますので、もしかしたら日々の過ごし方が毛深い原因を造ってしまっているかもしれません。

お悩み解決方法

⒈正しい食生活、十分な睡眠

まずは日々の生活を見直しましょう。

特に、肉ばかりを沢山食べてしまっている男性の方はいませんか?

肉は、男性ホルモンを増やしてしまうので、余分に造られている可能性があるのです。

また、睡眠時間も同じです。

忙しいからと寝ないのは毛深さを促していることになってしまいます。

せめて22:00~2:00のゴールデンタイムはできるだけ多く寝れるように心がけてみましょう。

⒉リラックス

仕事でイライラ。

そんな生活は体にも毛にもよくありません。

できるだけ、リラックス出来るように心がけてみましょう。

ストレス発散をして、リラックスしている時間を増やしてみることが大切です!

⒊体を冷やさない

忙しいめんどくさいと、毎日シャワーで済ましてしまっていませんか。

シャワーだけでは、温まるのは体の表面だけで、体の芯まではきちんと温まりません。

冷えはホルモンバランスの乱れの原因です。

きちんとお風呂につかって、のんびりすることで体も温まるし、リラックス効果もありますよ!

正しい処理方法

⒈電動シェーバーを使う

男性の方にとって、一般的な毛の処理法といえるのではないでしょうか。

肌が弱く、肌荒れしやすい男性の方でも短時間で簡単に毛をそ剃れる方法です。

しかし、大まかに毛を処理したいときには電動シェーバーが向いていますが、キッチリときれいに処理したい時には向いてはいないようです。

⒉保湿ケアをしっかり行う

保湿ケアはとても大事です!

しっかりと行いましょう。

保湿をしっかりしないと、余計に毛がチクチクしたり、炎症が起きてしまい、スベスベ肌への道が遠のきます。

⒊エステサロンに通う

完璧ツルツル肌を目指すなら、少しお金はかかりますがやはりエステサロンがおすすめです。

最近は、男性専用のエステサロンも増えてきています。

やってはいけない処理方法

⒈カミソリ

手軽で深剃りができるため、毛が濃い人は重宝するカミソリですが、そのデメリットは大きいです。

肌との摩擦がとても強いため、肌をとても傷つけてしまうのです。

余計な悩みを増やさないためにも、避けた方がいい処理方法です。

⒉毛抜き

こちらも気づいたときにやってしまいがちの毛抜きは、本来やめた方がよい毛の処理方法なのです。

毛抜きで毛を抜くと、毛穴の表面が傷つき次の毛が正常に生えてこれなくなります。

その結果、次に生えてきた毛が埋没毛となってしまい、黒ずんで見える通称青ひげになってしまうんです。

毛抜きの処理によって青ひげになるなんて、自分で悩みを増やしているようなものです。

⒊除毛クリーム

除毛クリームは毛を抜くのではなく、薬剤によって溶かしていく除毛になります。

その効果は望めますが、毛を溶かすだけあって肌へのダメージも大きくなってしまいます。

肌の弱い人は肌荒れが深刻になりますし、肌が強くても少なからず肌は痛みますので、赤くなったりしやすいです。

特に、顔への使用は避けましょう。

ムダ毛の処理方法には種々ありますが、自分に適した方法そして目的にあった除毛方法を選択し、肌への負担の軽い抱負が良い方法と言えます。

お金と時間がかけられるなら「医療脱毛」「そこまでかんがえなくともよい方」などムダ毛処理は、費用対効果を十分に検討して対処することです。

そして、肌のダメージもあるので処理後は、必ず保湿ケアを忘れすにおこなってください。





コメントを残す