冷えピタは貼る場所で効果が変わる!?また、一晩中水につけると・・・※画像あり


乾燥している時期は、免疫力が落ち、風邪を引きやすくなりますよね。

熱が出ている時は早めにケアをして、治したいと思うはずです。

急な発熱にも直ぐに対応できる便利な物があります。

今回は、冷却シートをうまく使うコツを紹介します。

冷却シートってどんな効果があるの?

冷却シートは、ジェルに含まれる水分が蒸発する時におでこの熱を吸う機能があります。

ジェルに含まれる冷感成分が貼った部分に冷感を与えるため、ひんやりして快適に過ごせます。

冷却シート自体には飲み薬のような解熱効果はないのですが、熱くなったおでこを冷やし続けることで、発熱の時の辛さを和らげてくれるのです。

そんな冷却シートには効果的な使い方があります。

それは、発熱時におでこに貼ること、仕事中や勉強中・熱くてほてった時に貼ること、暑さを感じた時、キッチンで家事をしている時に貼ることです。

急な発熱時におでこに貼ると、ほてったおでこを冷やしてくれるので気持ちよさを感じ、発熱時の辛さを和らげてくれます。

また、仕事中や勉強中にほてりを感じて寝くなった時に、冷却シートを貼ると気分もスッキリして、リフレッシュできます。

仕事中におでこに貼るのはちょっと恥ずかしいという方は、首の裏に貼ると目立ちませんし、女性の場合は、メイクが崩れる心配がないのでおすすめです。

発熱時だけではなく、普段の生活の中でも暑いなと思ったときにおでこに貼るとスーッとして気持ちがいいです。

他にも夏場の屋外でお子様を遊ばせる時の熱中症予防や、キッチンで家事をして暑さを感じているときにもシートが役立ちます。

おすすめの冷却シート

冷却シートには種類がたくさんあります。

それぞれの冷却シートについて紹介します。

1つ目は、熱さまシートです。

熱さまシートは水分がたくさん含まれたジェルがしっかり熱を吸収してくれるもので、貼った部分をマイナス2度で8時間ほど冷やし続けます。

冷却粒が配合されていてあとから聞いてくるのが特徴です。

赤ちゃん用や子供用、大人用とサイズが有り、メントールの量も違うと言われています。

2つ目は、体に貼る熱さまシートです。

ワキ、首、脚の付根など狭いところにもハリやすい手のひらサイズのシートです。

効き目は、普通の熱さまシートと同じですが、やわらかいシートなので動いても剥がれにくく、ピタッと身体に密着するのが特徴です。

香料や着色料を一切使っていません。

ワキの下も熱が覚ましやすいところなので状況に合わせて使ってください。

3つ目は熱さまシート首用ロングです、

これは首用の冷却シートで発熱や暑さ対策に、首の後に貼ると冷たくて気持ちがいいです。

首の周りにしっかり密着して、首を動かしても剥がれにくいですし、1枚で首周りをしっかり冷やすことができるちょっと変わった形をしています。

サイズは、約180mmで首周りにちょうど良く、肌に優しい弱酸性なので仕事場などで活用すると便利です。

冷却シートは熱さまシートシリーズの他に、冷えピタシリーズがあります。

続いては冷えピタシリーズを紹介します。

1つ目は冷えピタです。

最大冷却持続時間は8時間で冷却効果が高いと言われています。

6種類のハーブなどの植物成分を配合し、肌にも優しくかぶれにくいと言われています。

大人用、子供用、赤ちゃん用とそれぞれ大きさが異なっています。

赤ちゃん用は無着色、無香料で口に入れないように苦味成分も配合されています。

2つ目は、冷えピタボディ用です。

ボディ専用に作られた高冷却シートで、最大冷却持続時間は6時間で朝までひんやり感が持続するのです。

熱が高い時は、脇の下や首筋を冷やすと効果が上がります。

使う時の注意点については次ページから!!





コメントを残す