タオルの臭いはクエン酸での洗濯がオススメ!原因を知ってしっかり対策しよう!!

洗いたてのふんわりとしたタオルに包まれる心地よさ…。

とても気持ちがいいものですよね。

しかし逆にタオルが臭かったらどうでしょう…

ちゃんと洗ったはずの洗濯物がたたんでみると生臭くてびっくりした!なんて経験もあるかと思います。

しかも一度臭くなると、何度漂白剤入りの洗剤や、芳香剤の入ってる洗剤で洗ってもなかなか落ちないんですよね…。

 

今回はそんな部屋干しや生乾きなどで起こるタオル特有の臭いの原因や臭いの取り方についてご紹介します!

洗ったバスタオルの臭いの原因は雑菌とカビです!

臭いの原因。

それはズバリ「雑菌」の繁殖!

洗濯後に残っている汚れやすすぎ残し・生乾きによって繊維の奥深くまで雑菌はしみ込んでしまうのです。

体から出るタンパク質や皮脂・汗はなかなか落としづらく、汚れとして残ってしまうことも…。

また、洗剤の量が少ないのも雑菌繁殖の原因になりますので適正量使うようにしましょう。

2つ目の原因。それは「カビ」です。

洗濯が終わってからしばらく洗濯機内に洗濯物を放置してしまうことってありませんか?

洗濯槽は洗濯後、湿度が高い状態のためカビの温床になりやすくバスタオルの臭いが発生しやすい環境といえます。

カビ除去を定期的に行ってない洗濯槽や長時間放置してしまいがちな方は注意が必要です。

原因がわかりましたので、バスタオルの臭いをとる方法については次ページからどうぞ!!





コメントを残す