肋骨が痛い原因は肋間神経痛!?今日から実践しやすいカンタンな予防&対処法をご紹介!


肋間神経痛とは?

胸部や肋骨付近が訳もなく「ズキズキ」「チクチク」痛むというのを感じたことはありませんか?

人によっては痛む箇所が心臓に近い左胸だったりするので、重い病気と不安に感じる方も多いです。

このようなことを伸びをした時、くしゃみをした時など普段の何気ない仕草で

たびたび感じているという方は、まず「肋間神経痛」が原因として考えられます。

肋骨から脊髄に通っている神経に痛みを生じるのが肋間神経痛なのですが、主に症例として

左胸に痛みを訴える方が多く、酷いと背中全体が痛んだり、呼吸がしづらくなる場合もあるのです。

たまに、肋間神経痛というのを「“肋骨(ろっこつ)”神経痛」と、反射的に勘違いを

してしまっている方もいますが、正確には「“肋間(ろっかん)”神経痛」言われています。

肋間神経痛が起きる時の主な原因は?

起こす瞬間は先程も挙げた伸び、くしゃみに加え、咳がでた時や体をねじったとき、

重いものを持つ、しりもちをつくなど人によって個人差が生じることが多く様々ですが、

それでは、肋間神経痛の誘因として考えられるものはいったいどのような事なのでしょうか?

代表的なもので、「2つ」あります。

・ストレス

・筋肉のコリ

どうでしょうか、何か思い当たる節はありませんか?

ストレス社会と騒がれている現代では「ストレス」を避けるというのは、少々困難かもしれません。

ですが自身のストレス解消は自分にしか行えないということですから、蓄積を避けなるべく早く

あなたに適した軽減方法を見つけ、できればその日のうちに、ストレスの解消を心がけましょう。

肋間神経痛はなかなか完治した症例が少ないというのが現状ですから、

ゆっくりでも自分に効果的と思われるストレス解消法を見つけてくださいね。

次に筋肉のコリというのは、パソコンやスマートフォンの操作などで

同じ態勢が続くことにより、肋骨にある筋肉の血流が悪くなり引き起こします。

さて、2つの主な原因について簡単に理解して頂けましたか?

次のページでは予防法や対処法についてお話します。





コメントを残す