しめじの賞味期限の見分け方!白いカビとこんな感じのにおいに注意!?

白いカビとにおいに要注意

 炒め物、煮物、和え物、鍋…。どんな料理にも相性の良いしめじは、買っておくと重宝しますよね。お値段もお手頃で、スーパーに行くとつい手に取ってしまうという方も多いと思います。

 しかし、気が付いたらシナシナになっていたことはありませんか?しめじは放っておくと、すぐに傷んでしまいます。酸っぱいにおいがしたり、ぬめりがあってべちゃっとしていたり変な汁がでていたり…。

 そうなってしまったしめじは、食べてはいけません。ほかにも白いカビのようなものができることがあります。これは、“気中菌糸”と言うものです。

 子孫を残すためにしめじ自体が生やしている菌で、食べられなくはありません。しかし、風味はすっかり落ちてしまっています。

冷蔵庫の野菜室で

 しめじは、水分と温度の変化が苦手です。なので保存する時は、水で洗わないで冷蔵庫の野菜室が基本です。冷蔵庫での保存によって5~7日程度、賞味期限が保たれます。

 大抵しめじはパックに入れられて売られていますが、パックから出して保存するのがベター。石づきはつけたまま新聞紙に包み、さらにビニール袋に入れるのが長持ちのコツです。

 やむを得なく使いきれなかった場合はラップやタッパー、ジップロックなどに入れて保存します。石づきは付けたままにしておきます。水気がついてしまったら、キッチンペーパーでしっかり拭き取りましょう。

 これで、3~4日は保存できます。冷蔵庫の野菜室保存が基本ですが、実はもっと長持ちできるおススメの保存方法があります。気になる方は次のページをご覧ください。





コメントを残す