加齢臭対策って食べ物で劇的に変わるって知ってた!?何歳からでも遅くないので今日から実践しよう!!


加齢臭のする人に対する世間の声は冷たいです。

それゆえ、中高年の男性のほとんどが気にしていることでしょう。

でも、自分では気づきにくいのが体臭の変化の特徴でもあります。

 

その独特の体臭は、一般的には蝋のような臭いや、古本のような臭いなど個人差が激しいようです。

そしてこの加齢臭、なんと男性ばかりではなく女性にもあるそうなんです!

今回は、そんな加齢臭の原因と対策についてご紹介したいと思います!!

体のどこからするのか?

加齢臭は体臭なので体からする臭いには間違いありません。

制汗デオドラント関連商品のCMを見ていると、加齢臭でも最も臭うのは「ワキの下」のような気がします。

一般の調査でも「体の臭いがどこからすると思うか?」という問いには、「ワキの下」という回答が最も多いようです。

ところが加齢臭が最も発生しやすい場所は…

「頭皮」

「耳の後ろ」

「顔のTゾーン」

の3箇所なんです。

「枕から嫌な臭いがするようになった」という声もよく聞かれますが、これは頭皮や耳の後ろ側から出た臭いが枕に移ってしまったものでしょう。

加齢臭が出やすい部分は、皮脂腺が多いため加齢臭が発生しやすくなります。

耳の後ろや首の後ろ側は、お風呂で洗い逃してしまいがちな部分ですから、特に注意して洗う必要があります。

何歳から始まるのか?

個人差はあるものの、男性が40代前後、女性が50代から閉経後が一般的です。

近年、35~40歳で加齢臭が発生する人が増えていると言われています。

もちろん、若い世代でも加齢臭が発生することはあるのですが増加傾向にあると言うのです。

一体、なぜ加齢臭が発生する年齢が若くなっているのでしょうか?

あなたの普段の生活の中に答えはあります。

ストレス社会と言われる現代。

ストレスを抱えていない人なんて、ほとんどいないでしょう。

タバコを吸う人もいますよね。

ストレスやタバコ、それに運動不足などの乱れた生活習慣は加齢臭の原因となっています。

他にも、時間が無いからとインスタント食品を食べたりファーストフードなどばかり食べているのも、加齢臭の原因です。

それらは加齢臭の原因物質「活性酸素」を増やしているのです。

原因となる食べ物&対策法については次ページから!!





コメントを残す