今すぐ簡単にできる!誕生日会などで余ったケーキの乾燥を防ぐ方法3選!

大好きなケーキが食べきれない!さあどうする?保存する?無理して食べる?

みんな大好きなショートケーキ、買ってきて美味しく頂くのは良いのですが、分量が多くて食べきれない時にどうやって保存してますか?

せっかくのおいしいケーキだったのに冷蔵庫から出したらボソボソになっておいしくなくなったーなんて悲しい思いをしないケーキの保存のコツをお教えいたしましょう。

ミッション:ケーキの冷蔵庫での乾燥を防げ!

冷蔵庫に2~3日入れたショートケーキがパサパサした食感になってしまうのは、スポンジ部分のしっとり水分が冷蔵庫で抜けてしまうからです。

ならば、市販のケーキ専用保存ケースを買ってきて、と慌てなくても大丈夫、普通のタッパーに入れて冷蔵庫に入れるだけで、しっとり感が保たれれるようになります。

タッパーに入れて保存するときは通常のタッパーの使い方と逆にして蓋の上にケーキをのせて上から、タッパー容器をかぶせるのが良いでしょう。あとで取り出して頂くときに楽です。

さらに一手間、リンゴを切ってひとかけらタッパーの中に入れますと、冷蔵庫に入れてあったとは思えないぐらいのふんわりしっとりになります。だまされたと思って試してください。

ミッション:1週間保管して食べたい!

冷蔵庫を使った保存はせいぜい3日程度が限界です。もっと長期間保存したい、たとえば1週間保存したい場合は、冷凍庫で冷凍することになります。

ケーキを冷凍する場合は、プリン系やイチゴなどの生フルーツはボソボソになってしまうので冷凍には向きませんのでご注意くださいね。

イチゴショートケーキはイチゴは外して冷凍保存となります。ちょっとテンション下がってしまいますね。

ケーキをおいしく保存する方法まとめ

いかがでしたでしょう?

せっかくおいしいケーキ、保存に一工夫することで数日たってもおいしく食べられる豆知識、皆さんのスイーツライフのお役に立てれば幸いです。





コメントを残す