子供がいじめに遭ってしまった場合に親がもつべき大切な心得!!


元気だった子供が顔色がすぐれない、いじめにあっていると判明!

自分の子どもが理不尽な扱いをうけてつらい思いをしていると知ったときの親の気持ちは、堪らないものがありますよね。

なんでうちの子が、こんなひどい目にあわなければならないのか! と憤りを感じる方も多いと思いますが、一寸冷静になって対応することが大切です。

子供のいじめがわかった時にもつべき親の心得

いじめで自殺する子供が毎年のように出て社会問題になる前、一昔前は「子供のいじめ」なんて誰でも経験してきた些細な問題だと、子供が深刻に悩んで相談しても通り一遍にしか取り合わない親も多かったのですが、それではいけません。

子供は親に心底失望するか、自分の人生を絶望します。

逆に、子供がいじめられたといったら鬼神のように怒り狂って、学校やいじめた相手の家に怒鳴り込むというのもいけません。

子供がいつまでも親離れできないつらいことから逃げてしまう性格の大人になってしまいかねません。

子供がいじめにあっているとわかった時の正しい対処手順

1. いじめの状況を本人によく確認しましょう。

2. 子供は、このいじめに対してどうしてほしいと思っているのか尋ねましょう。

3. いじめ被害が甚大な場合は迷わず親の責任で「警察」「学校」に相談しましょう。

4. そうでない場合は、どうすれば子供の希望を実現できるのか、子供と一緒に考える時間をしっかりとりましょう。

詳しい方法は次のページからご覧ください!!





コメントを残す