ココナッツオイルを2ヶ月間スプーン2杯分食べ続けた結果、アルツハイマーの人の脳に素晴らしい変化が…!



アルツハイマーとココナッツオイルの関係

 なぜアルツハイマーの治療にココナッツオイルを使うと良いということが分かったのでしょうか?
それにはある医師の背景があったのです。

 その医師とはニューポートさんで、彼女は夫のスティーブさんがアルツハイマーと診断されたことをきっかけとして認知症の調査と研究を始めました。

 調査を進める中で、彼女は中鎖脂肪酸「AC-1202」がアルツハイマーの振興を抑える可能性があるという情報を得たのです。そして、中佐脂肪酸をたくさん含むココナッツオイルをスティーブに、2ヶ月間毎日2杯飲ませました。

 すると、アルツハイマーの症状に改善がみられたのです。その結果、アルツハイマーの治療にはココナッツオイルを使うのが良いということが分かりました。

ココナッツオイルの効能

 では、ココナッツオイルを飲むことで果たしてどのような効能が得られたのでしょうか?ニューポートさんがスティーブさんにココナッツオイルを飲ませ始めたところ、数日のうちにアルツハイマー特有の体の震えが止まり、顔に生気が表れてきました。

04 12 12_Coconut Oil Biscuits_0217

 2ヵ月後には思考力が少しずつ回復して、ジョークを言うようになったり会話が弾むようになりました。このように、ココナッツオイルはアルツハイマーによく効く効能をもっているのです。

 最近の実験でも、ほとんどの患者の症状が改善されたという報告がされています。では、ココナッツオイルはどのようにして作られており、どのようにして選べばよいのでしょうか?次のページで詳しくご紹介します。





コメントを残す