恐ろしい病気のサイン!?まぶたや身体が痙攣する原因には驚きの理由があった・・・

痙攣ってどういった状態のことを指すの?病気なの?

痙攣(けいれん)というのは、一言でかんたんに説明すると「筋肉の発作」です。

自分の意思とは無関係に身体の筋肉が急に収縮して震えたり、勝手にピクピクッと動いたりする症状のことを指します。

まぶたがピクついたり足がガクガクッとなったりしたことありませんか?痙攣とはそのような症状のことです。

やはり痙攣がおきると何か身体に異常があるのではないかと不安になってしまいますよね。

個人差がありますが、中でも症例が多いのがまぶたや足のようですね。

ではいったい痙攣がおこる原因とはなんなのでしょうか?

身体が痙攣する原因がしりたい!やっぱりストレス?

よく痙攣の原因としてストレスが挙げられますが、そのほかにも

高熱・疾患・筋の疲れ・目の疲れの4つようなことが原因とされています。

・高熱

乳幼児が熱性けいれんという痙攣発作を起こすことがありますがその原因はこの高熱です。

・筋の疲労

スポーツや運動のしすぎで筋が疲労すると手足が足がつったり痙攣しやすくなります。

・目の疲れ

パソコンやスマホ画面などの見ていて目を使い過ぎているとまぶたが痙攣したりします。

・疾患、病気

痙攣発作の病気として「てんかん」が有名ですが、それ以外の病気や疾患が原因でおきている痙攣発作も存在します。

このように病気や疾患が原因でおこる痙攣発作もあります。身体からの重要なサインを見逃さないためにも

病気についての知識や予防法、対処法などを今のうちに備えておきましょう!

次のページをご覧ください!





コメントを残す