手帳型スマホ・iPhoneケースはマジで危険だからやめとけ!そのデメリットが判明!!スマホの寿命短くなる?


傷や汚れから守ったり、おしゃれに着せ替えできる手帳型スマホケース。

最近は可愛くて個性的なものが増えていて、特に女性の多くが利用していますね。

また、シンプルなデザインのものは、サラリーマンなどにも人気。

男女問わず幅広い世代に使われていますが実は、「手帳型スマホケースは使わないほうがいい」という声も多く聞こえてきます。

そこで、様々な感想からわかる『手帳型スマホケースのメリットとデメリット』についてまとめてみました。

手帳型スマホケースをやめたその理由の第一は危険だから!

そうなのです、身近になったのでついつい忘れがちですが、スマホはパソコンにも劣らない精密電子機器、電子回路のカタマリなのです。

まず第一に、長時間スマホを操作したり充電する場合、カバーで放熱が阻害され、電池の安全温度を超えてしまう恐れがあります。そしてあまりにも熱くなりすぎると急激な速度で電池が劣化し、最悪の場合電池の発火事故なども起こってしまいます。

また手帳型スマホケースは開閉部にマグネットを使用していることが多く、そのせいでカードの磁気が狂ってしまったり電子回路の異常が起きやすくなる危険性があるのです。最近では磁気シールドシートなど磁気対策がなされているものも増えてきているようですが、そのような商品が開発されること自体が、マグネットがスマホに良くないことを証明しています。

続きは次のページからご覧ください!!





コメントを残す