ドライヤーの乾かし方!サラサラ、そして早く乾かす方法がコレだ!!※画像あり


女性の方はお風呂上がりの髪の毛を乾かすのは一苦労ですよね。

なかなか乾かなくてイライラすることも多いのではないでしょうか。

そこで、素早く髪を乾かす方法をいくつか紹介します。

また、髪の毛がサラサラになる乾かし方正しい乾かし方についても説明するので、メンズの方も必見です!!

パーマを乾かす時

ふわふわカールを作るためには乾かし方がとても重要になってきます。

まずはパーマを乾かす際に準備するもの。

・ドライヤー

・タオル

・くし(目が粗いもの)

・アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)orパーマ用スタイリング料

①タオルドライを行う

ドライヤーの熱を長時間あてると髪の傷みの原因になるので、ドライヤーの前にしっかりとタオルドライさせておきます。

この髪をゴシゴシこすらないようにタオルで髪を優しくはさみ込むようにして水分を取りのぞきましょう。

②目の粗いくしでとかし髪の絡まりをなくす

パーマをかけている髪の毛をくしでとかすときは、目の粗いくしを使うようにしてください。

それから、パーマをかけた直後はまだパーマが定着していません。

直後のブラッシングはせっかくかけたウェーブが伸びる原因になるので控えましょう。

③アウトバストリートメントorパーマ用スタイリング料をつける

パーマをかけた後はパーマの薬剤が残り髪にダメーが加わっています。

ダメージ補修効果のあるヘアケアアイテムを選び髪の中間から毛先中心にもみこむようにしっかりとつけましょう。

④髪の根元からドライヤーをあて根元が乾いてきたら毛先を乾かす

乾かす時は毛先より根本をしっかり乾かしてください。

この時、強めにくっきりとカールを出したい場合は根元だけドライヤーで乾かし毛先は自然乾燥をすることをおすすめします。

反対にゆるふわカールに仕上げたい場合は、ドライヤーを使って毛先まで乾かすようにしてみましょう。

パーマは乾かし方によって、長くカールスタイルを保つことができます。上記に書いたように日々のお手入れでやらない方がいいことや、やっておくべきケアを心得て実践すると、きれいなカールスタイルが長持ちできるようになりますよ。

乾かし方に気をつけてお気に入りのヘアスタイルを手に入れてくださいね!

サラサラの髪に仕上げる方法

ドライヤーをかけるときに実践したいポイントをご紹介します。

①はじめにしっかりタオルドライをする

髪が濡れた状態でいきなりドライヤーをかけると髪が痛む原因となります。

はじめにタオルでしっかりと水分を取るようにしてください。

髪の毛は濡れている時ダメージを受けやすいのでゴシゴシと激しくこすったり、引っ張るようにして拭くのは絶対にやめましょう。

②ドライヤーを髪に近づけすぎない

頭皮の近距離でドライヤーを当てるのは厳禁!

ドライヤーは髪から最低でも20cmは離してかけてください。

毛先が一番ダメージを受けやすいので根元から乾かし、毛先はその電導熱や余熱で乾かす位で充分です。

頭皮や根元がしっかり乾燥していないと、跳や臭いの要因にもなるので気をつけてください。

③熱風はほどほどで冷風に切り替える

ドライヤーで髪を痛めるのは暖かい風が原因です。

髪全体の70~80%ほどが乾いたら、冷風に切り替えてください。

冷風で仕上げることにより、キューティクルが収縮して、サラサラでツヤのある髪ができあがります。

早く乾かす方法については次ページから!!





コメントを残す