こんな使い方があったか!100均で売っている結束バンドを使ったコンセントタップの壁付け方法!

家庭に一つはあるコンセントタップ

テレビにパソコン、スマートフォン、タブレットなどの電源、コンセントっていくつあっても足りないですよね。

備え付けのコンセントだけじゃ足りない場合、コンセントタップなどを使っている人も多いと思います。

1つのコンセントから、枝分けしてたくさんのプラグを差せるコンセントタップはとても便利な反面

プラグが増えれば増えるほどコードが乱雑になって、見た目にも使い勝手もあまり良くないと感じたことがある方も

多いのではないでしょうか。

上手な収納方法なんて無い、と諦めてそのまま使ってしまってませんか?

今回はそんな方におすすめできる、お得に、簡単な方法でコンセントタップをより便利に使える収納術をご紹介します。

置き場所といえば・・・

コンセントタップ、あなたはどこに置いて使っていますか?

家のプラグから電源を取っているため、そのまま床に置いて使っているのがほとんどだと思います。

しかし、床置きしたコンセントタップには埃がたまりやすく、掃除の時に邪魔になりますよね。

床置きするしかないと思っていたコンセントタップ。

しかし、お得で簡単にコンセントタップが便利に使える収納術があったのです。

それは、コンセントタップを壁付してしまうというものです。

この画期的な収納術は、『とろける禁断』(講談社)などを書いている漫画家山下きょうさんのTwitterアカウント

@yamakyonkyon)にて紹介されたものです。

コンセントタップを簡単に、より便利にする収納術とは一体どのようなものでしょうか?

具体的な収納方法は次のページをご覧ください。





コメントを残す