もう苦しむ必要はない!正座から立ち上がる時に起こるしびれを一瞬でなくす治し方がこちら・・・


正座文化

西洋の文化が浸透した現代、社会で畳に座り作業をする機会がめっきり減ってしまいました。椅子に腰掛けることに慣れてしまったがため、いざ畳の上で正座をすると足が痺れてしまい立てなくなる方が相次いでいます。

お盆や季節ごとの行事で正座をすることもあるかと思います。今回は正座で足が痺れてしまう原因と、痺れたあとの対処法をご紹介いたします。

正座すると足がしびれる原因

まずは足が痺れる原因に迫っていきます。正座をするとヒザの部位の血管が圧迫されて血行が悪くなり、脚部の末梢神経に十分な酸素が送られなくなります。

加えて足を折りたたんで体重を乗せる体勢は、足の末梢神経を直接圧迫することにもなります。このような体勢を長時間続けると知覚を伝える末梢神経の機能が低下し、異常電流が発動。足がじんじん痺れ始めます。

この痺れは、酸素が不足した脚部の末梢神経が異常を感知し、警鐘を鳴らしているということ。末梢神経を圧迫しながら足の痺れを無視し続けると、今度は運動を伝える末梢神経の機能が低下します。

すると、感覚が麻痺してしびれや痛みすら感じない無感覚の状態になるのです。では、一体どうすればこのしびれとおさらばできるのでしょうか?その方法は、次のページにてお伝えいたします。





コメントを残す