高級な割に傷みやすくて食べきれなくなりがちな桃を1ヶ月保存し続けられる方法がこちら!


桃、甘い香りがして滴る果汁も魅力的な果物です。しかし残念なことに、痛みやすいので保存が難しいです。ところが、桃農家が実際に行なっている方法を利用すると、冷蔵庫で1ヶ月保存が可能になるのです。

冷凍

固めの桃は、常温で1日から2日で食べ頃になります。冷蔵庫に保管する場合は、桃はビニール袋に入れてふんわりと空気を入れて数日間保存しましょう。

冷凍で保存する場合は桃の皮を剥き、適当な大きさに切ってビニール袋に入れ、さらにフリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。桃を切った際に、レモン汁をかけておくと変色を防ぐことができます。

食べる際には、食べる分だけとりだすようにします。生で食べても良いですが、シャーベットやスムージーに利用した方が美味しくいただけます。

アルミホイル

アルミホイルを利用すると、桃を丸ごと保存することができます。アルミホイルには気体、液体や光を通さない力があるので、品質の保持に役立ちます。

その反対に、冷気を全体に行き渡らせることができる特性があります。桃をアルミホイルで長期保存する場合は、桃についてる水分は痛みの元になるのでしっかりと拭い取った上でアルミホイルできっちりと包んでください。

これで、1ヶ月は保存できます。その他に知っておきたい桃に関する情報は、次のページでもお伝えしております。ぜひご覧ください。





コメントを残す