今歯医者さんがこっそり教えてくれた本当に正しい歯磨きのやり方!あなたの磨き方は間違いだらけ!?

 歯磨きのやり方、子供の頃に習ったきりではありませんか?知って驚く、歯医者が教える正しい歯磨きのやり方で、今日から効果的に歯磨きしましょう。

間違いだらけの歯磨き

 歯磨きの時、まず歯ブラシの先を水で濡らす人が多いのではないでしょうか。それは間違いです!先に水で濡らすと、歯磨き剤が泡立ち過ぎ、有効な成分が流れやすくなってしまいます。

 歯ブラシは濡らさずに、歯磨き剤を乗せます。また、歯磨き剤は歯ブラシの3分の1から4分の1程度で十分なのです。多過ぎると磨き残したり、研磨剤で歯のエナメル質を傷付けてしまうそうです。こちらの動画をご覧ください。

 歯ブラシは鉛筆の持ち方で、歯に対して直角か45度の角度でブラシを当て、軽く細かく動かします。また、最後に水でさっぱりするまで何度もすすいでいませんか?

 すすぎは少量の水で1回だけにします。何度もすすぐと、有効成分が全て流されてしまいます。歯ブラシの正しい動かし方とフロスの使い方を、こちらの動画で確認してください。

 もう大丈夫ですね。では次のページでは、ホワイトニングや口臭予防について説明します。





コメントを残す