えくぼがある理由は、前世が関係してる?また、片えくぼはよく笑う人にできる説も・・・


えくぼのできる人の笑顔は非常にチャーミングですよね。

またえくぼができることにより、子供のような無垢な笑顔に見えたりすることにより、えくぼができる人が笑うと、ほっと癒されます。

このようにえくぼができることで、かなり好印象になります。

まさに”かわいい”の象徴とも言えるえくぼ、そんなえくぼについて、今回はご紹介していきます。

えくぼがある人の特徴

そもそもえくぼとは…「笑窪」と言う字が当てられた、笑うと頬にできるくぼみのことです。

顔の筋肉が大きくゆがむため、隙間が生じ上部皮膚が窪んでできます。

特に、子供の頃は皮下組織が未発達のため隙間ができやすく、えくぼができやすいですが、成長するにつれて消失します

しかし、中には消えることなくそのまま残る人もいます。

そのため大人になってもえくぼがある人は、幼く見えたり可愛らしい印象になるのです。

またえくぼがあることで、表情が豊かに見られます。

自然で柔らかい雰囲気を醸したり、反対に可愛さの中にセクシーさを感じたりと、えくぼがもたらす魅力は無限大です。

大人な女性がふと笑った時、頬にえくぼを見つけたらそのギャップにキュンと来ることもありませんか。

えくぼは笑顔の魅力を最大限に、引き伸ばしてくれるツールなのです。

えくぼは作れる?

そんな魅力満載のえくぼは、自分で作れるのでしょうか。

基本的に天然物ですが、小さな努力で作ることもできます。

えくぼは顔に脂肪の多い人や、皮膚が柔らかい人にできやすい傾向があります。

毎日コツコツとえくぼを作るためのエクササイズをすれば、えくぼができるだけではなく”小顔効果”も期待できます。

まずは、えくぼを作るための頬の引き締め運動である、表情筋のトレーニングが必要になります。

表情筋トレーニングは、小顔効果も絶大です。

またいつも笑顔でいることを心がけるだけで、口角が引き上がり頬の筋肉が発達して、引き上がります。

えくぼエクササイズは表情筋を鍛え、えくぼ位置にクセづけすることもできですので、時間をかけてじっくりと行うことが肝心です。

しかし、どうしてもえくぼができない、めんどくさい人には、アイライナーを使った「えくぼメイク」をお勧めします。

用意するのは、ペンシルタイプのアイライナーです。

口角を上げた状態、いわゆる「笑顔」で、えくぼが欲しい位置に、たてに1センチの線を入れます。

あとは、その線をチークブラシや手で馴染ませます。

これだけで完成です。

その他にも、シャドウをえくぼの欲しい位置に薄く乗せるだけでもそれなりに見えます。

片えくぼと両えくぼの割合

えくぼができやすい人は、多くが遺伝によることが多い傾向にあります。

えくぼは優性遺伝で、約50%の確率で遺伝します。

ただし親にえくぼがなくとも10人に1人の割合で、えくぼができる子供が生まれます。

そして、えくぼのできる位置でも印象は変化します。

まずは、かた頬だけにえくぼができる。

えくぼができる割合として、両頬にできるのはが6割、片頬だけにできるのは4割と言われ、意外に片えくぼは珍しいえくぼとも言えます。

ほっぺにできる片えくぼも、可愛らしい印象があります。

えくぼの印象でやはり強いのは、両頬にできる人ですよね。

両頬にくっきりとできるえくぼは、笑顔の魅力を増幅させます。

さらに若々しく見えます。

ある位置で印象もガラリと変わり、目の下の通称「インディアンえくぼ」は健康的で活発な印象を、口元に近いえくぼはセクシーな印象を与えます。

そのえくぼには、前世にちなんだとてもロマンチックな言い伝えがあるのをご存知でしょうか。

その内容については次ページでご覧ください!!





コメントを残す