茄子が腐るのを見分ける方法とは?冷凍保存やアク抜きのコツなど、茄子にまつわるあれこれまとめ!

 一年中出回っている茄子、一袋買って全部使わずに冷蔵庫に残っていることはありませんか。茄子は腐るとどうなるでしょう?新鮮な茄子の見分け方と、アク抜きから冷凍保存まで茄子についてご紹介いたします。

古い茄子の見分け方

 新鮮な茄子は皮にハリがあり、指に刺さるくらいガクのトゲがしっかりしています。切ると中は乳白色でタネが見えません。

 日が経つと、だんだんタネが黒くなり目立ってきますが、まだ食べられます。鮮度は落ちているので、漬物などより煮込みやマーボ茄子のような味付けの濃い料理に使うと良いでしょう。

茄子が腐ると?

 黒いタネの周りが茶色に変色し、ブヨブヨしてきたら腐り始めています。茄子は内部から腐り始めるので、切ってみないとわからないことがありますが、腐り出すとヘタの部分にカビが生えてきたり、皮が茶色く変色してきます。

 茄子は家庭菜園で作っている人も多いですが、一度にたくさん収穫できるので保存に困りますね。便利な冷凍保存とアク抜きについては、次のページでご紹介いたします。





コメントを残す