化粧崩れしない方法は?最適なスプレーやファンデーションを使えば汗をかいても大丈夫!!


暑い日が増えてくると、気になってくるのが化粧崩れではないでしょうか。

手抜きしてメイクしているわけではないのに、ふと鏡を見た瞬間に化粧崩れしていると、見た目が悪いだけでなく、自分自身の気持ちも下がってしまいますよね。

そんな状態なら、化粧しない方がいいのではないかと思われてしまうのも、辛いところ。

暑い日にも、化粧崩れしない女性を見ると、どうして自分とは違うのかと悩んでしまいますよね。

朝のままのメイクを保つためには、化粧崩れの原因を知って、対策を取ることが大切ですね。

暑い日でも、化粧崩れ知らずのメイクになるためには、どのような方法を試してみるのが効果的なのでしょうか。

化粧崩れの原因

化粧崩れの原因には、皮脂・汗・乾燥の3つのタイプがあります。

メイク後に分泌された皮脂が原因で、ファンデーションが浮いた状態になるのは、オイリー肌だけが原因ではありません。

乾燥が原因で皮脂が分泌されてしまうこともあります。

また、汗が原因で化粧崩れする場合は、ドロドロに崩れる状態になっていると思います。

汗の大半は水分なので、ファンデーションと混ざることはありません。

しかし、おでこや鼻の汗には皮脂が混ざっているため、ファンデーションが浮いて、汗で流れてしまいます。

乾燥による場合は、肌とファンデーションが密着せず、ひび割れを起こしてしまうだけではなく、乾燥しすぎることによって、皮脂が過剰分泌されてしまうことにも原因があります。

皮脂の過剰分泌があることで、オイリー肌と勘違いしてしまい、ケアを間違えてしまうと、肌の内部の乾燥状態が深刻になるケースもあるようです。

化粧崩れ防止スプレーが効果的

朝のままのメイクを保つためには、化粧崩れ防止スプレーを使うのが効果的です。

しかし、化粧崩れの原因を考慮して選ばなければ、意味がなくなってしまいます。

自分がどのタイプかを知った上で、スプレーを選びましょう。

皮脂が原因の場合は、皮脂の分泌を抑えることのできる毛穴を引き締めるタイプや、ファンデーションと肌を密着させる効果が期待できるスプレーの粒子が細かいタイプのものを選びましょう。

また、汗が原因の場合は、ファンデーションが汗だけでなく、皮脂とも混ざらないことが必要になってきますので、メイクの上からカバーできる成分が配合されているものを選ぶ必要があります。

乾燥が原因であれば、潤い成分が含まれているものを選び、肌とメイクが密着する状態を作るようにしましょう。

また、すぐに蒸発してしまうため、アルコールが入っているスプレーを選ばないようにすることも大切です。

※スプレーの使い方

化粧崩れを防ぐためには、ベースメイクから気を使うことも必要です。

ファンデーションは、リキッドタイプのものを使ってから、パウダータイプのものを使いましょう。

パウダータイプだけを使用していると、乾燥してしまい、皮脂が分泌され、化粧崩れの原因となってしまうからです。

メイクが終わったら、目を閉じでから、化粧崩れ防止のスプレーをします。

スプレーするときには、顔から30cm程度離して行いましょう。

化粧防止スプレーには、見た目がきれいに保てるだけでなく、洋服などを汚さないというメリットがあります。

しかし、自分の肌質、原因にあったものでないと、意味がありません。

スプレーの特徴をよく理解して、自分に最適なものを使用して、化粧崩れを防止しましょう。

次ページでは、化粧崩れしない方法についてご紹介していこうと思います!!





コメントを残す