メイクが崩れない方法は?人気ランキング内のプチプラ防止スプレーで悩み一発解消!!


汗をかいたり、長時間メイク直しができなかったなどそんな時、「メイク崩れはしかたがないこと」と思っていませんか。

しかし、日ごろのスキンケアを少し工夫するだけで、メイクを崩れにくく長持ちさせます。

特に、梅雨や夏は汗をかくことが多く、メイクがすぐ崩れてしまいますよね。

そんなお悩みの方に、メイクが崩れない方法を紹介します。

また、おすすめのメイク崩れ防止スプレーについても触れていきたいと思います。

原因

そもそも、なぜメイクは崩れてしまうのでしょうか。

その原因は「汗」でメイクが流れたり、肌の乾燥による「皮脂」の過剰分泌によるものです。

また、化粧下地がキレイに塗られていないこともメイク崩れの原因になります。

汗の多い夏だけに限らず、朝にメイクをし、数時間後には崩れてしまうという方は、汗だけではなく皮脂が関係しています。

皮脂は、肌荒れ防止や潤いを与えるなど美肌に欠かせないものですが、保湿を怠ってしまうと肌は乾燥していると判断し、毛穴を開き皮脂を過剰分泌してしまうのです。

スキンケア(予防)が重要

それではメイク崩れを防ぐには、日ごろどんなことに気をつければよいのでしょうか。

・洗顔の仕方

洗顔は朝夜共に、洗顔料をよく泡立てぬるま湯でやさしく洗います。

洗うときのコツは、肌の上で「泡を“手のひら”で転がすように」すること。

決してゴシゴシ洗ってはいけません。

・基礎化粧品の使い方

洗顔後のスキンケアは、肌質に合った化粧水で水分補給を行い、乳液などで水分が蒸発しないようにフタをします。

化粧水や乳液のつけ方には、コットンでのパッティングとハンドプレスがあります。

コットンでのパッティングは、肌をクールダウンする効果があります。

パッティングすると毛穴が引き締まり皮脂が出にくくなります。

ただしニキビや肌荒れなどがあると、コットンの繊維で悪化することも。

ハンドプレスは、手のひらでつけることで、化粧水が体温ほどに温まるため肌への浸透力が高まります。

摩擦で肌がひりひりしやすい人などは、コットンは刺激が強いのでハンドプレスがオススメです。

・毛穴ケア

毛穴は引き締めると皮脂も出にくくなるので、美肌に見せるだけでなくメイク崩れ防止にもなります。

毛穴を引き締めるには、毛穴の汚れをキレイに取り除く必要があります。

クレンジングの後に、ホットタオルを顔の上に置いて毛穴を開かせてから洗顔すると、毛穴に詰まった汚れが落ちやすくなります

・産毛の処理

顔に産毛があることで、化粧下地がムラになってしまう原因に。

産毛の処理は、必ず洗顔して化粧水を使った後、乳液やクリームを産毛が見える程度に塗って肌を保護してから、フェイス用のカミソリを毛流れに沿って、内から外、上から下にゆっくりとすべらせるようにして処理します。

処理後はいつもよりしっかり保湿するようにしましょう。

それでは本題の、崩れないメイク方法については次ページをご覧ください!!





コメントを残す