蚊の対策、屋外や室内でも使える便利グッズとは?また、刺された時の対処法もご紹介!!


だんだん暖かくなってくると、厄介なのが蚊ではないでしょうか。

耳元であの嫌な音を聞くだけで、気になって眠れませんよね。

そんな蚊の対策方法は、ネットでも多く紹介されていますが中には、まったく効果がない方法などもありますので、注意しましょう。

今回は、室内や屋外での効果がある蚊の対策について、大人はもちろん、赤ちゃんやペットの安全も守りながら、蚊を撃退することができる方法など紹介します。

発生源を抑える

蚊は、ボウフラという幼虫の時代を過ごしていて、このボウフラが繁殖するのは、主に水辺です。

都会でも排水溝や、雨水が貯まった場所などに発生します。

まず撃退する前に、増やさないことです。

さらに室内にも、蚊が繁殖するポイントがあります。

鉢植えの受け皿などに水が貯まっている場合は、蚊もボウフラを産み付けやすいです。

そういうところには、十分注意しておきましょう。

どうしても捨てられない水などには、10円玉を数枚入れておけば、ボウフラの繁殖を抑制できます。

このことをふまえて、ボウフラは成虫になるまで2週間前後かかるため、定期的に不要な水が貯まっている場所を、掃除することで対策できます

スプレーや蚊取り線香を使う

それでは、蚊を撃退していきましょう。

まず蚊を撃退するには、やはり蚊取り線香は欠かせないアイテムの一つです。

蚊取り線香は、安価で購入することができますし、置いておくだけで効果があるので手軽です。

蚊取り線香は蚊が嫌がる匂いを発生させ、煙だけで撃退することができる優れものです。

ちなみに、蚊取り線香の匂いの成分は菊から出来ているので植物由来であり、赤ちゃんには無害ですので安心してください。

しかし、火を使うことや煙が出ることにより、使用できないご家庭もあるのではないでしょうか。

蚊の撃退には、大変効果があるのですが、使用の際には注意をしなければなりません。

そこで、手軽で安全なのは蚊取りグッズです。

コンセントに繋ぐリキッド式のものから、乾電池で動くファン式のものもありますよね。

これらのグッズは、蚊取り線香ほどの効果は得られないかもしれませんが、火を使わず煙も出ない、さらに匂いも気になりません。

近年は、身体に吹き付ける虫よけスプレーとは別に、室内に散布させるスプレーが登場しています。

部屋にスプレーを1プッシュするだけで、10時間ほど、ある程度の広さの空間には蚊を寄せ付けない効果があり、なんと200回も使用でき、電気も必要ないので経済的です。

このように、毎年新しい商品が発売されているので、試してみるのもいいかもしれませんね。

次ページでは子供やペットの対策法や刺された時の対処法についてご紹介していきたいと思います!!





コメントを残す