筋トレの頻度、より効果的になるのはどれくらい!?ポイントは「筋肥大」!毎日やってしまうと・・・


 筋トレはやり過ぎるのも良くないものです。筋トレの効果的な頻度が気になりますね。今回は、筋トレの効果的な頻度についてご紹介いたします。

毎日行えるトレーニング

 筋トレで大切なポイントは、筋トレで損傷した筋肉が再生す「超回復」のサイクルが24〜72時間ぐらいで起こることを把握しておくことです。ただし、回復時間はトレーニングした部分と個人差があります。

 超回復を念頭に置いて筋トレを行いましょう。一方で、健康のためや筋持久力の向上を目的に行う低強度トレーニングは、重いトレーニングと比べて回復も早いです。

 このトレーニングを行なって、疲れが取れてトレーニングの効果が実感できるのであれば、毎日行なっても大丈夫です。特に、有酸素運動系のトレーニングであれば毎日行なっても効果があります。

ハードなトレーニングの頻度

 ハードなトレーニングを行なった場合は、よく休むことを守りましょう。例えば、週3日のトレーニングを週2日や1日に変えます。

 ハードなトレーニングはハードな分だけ筋組織のダメージが大きいため、再生に時間がかかります。充分に筋肉を休めない間にハードなトレーニングを再開すると超回復の時と重なり、筋組織の損傷が進んでしまいます。

 激しい筋肉痛がある、筋肉痛はないがハードなトレーニングをしたという時には、充分な休息時間を取ります。目安としては腕・腹筋は1〜2日、胸・肩の場合は2〜3日、背中は3〜4日、下半身は3〜4日です。

 大きな筋肉ほど、回復期間を長く設けましょう。筋肥大と危険なトレーニングについては、次のページで詳しくご紹介いたします。





コメントを残す