りんごが変色してしまう原因や防止策は?これで弁当にも安心して入れられます!

 秋から冬にかけて、りんごが美味しい季節であります。子供のお弁当や行楽弁当に、赤い皮にV字に切り込みをいれたうさぎりんごが入っていると喜ばれますね。

 しかし皮をむいたままだと、りんごは変色してしまいます。リンゴの変色を防止する方法と、りんごの飾り切りをご紹介します。

りんごの変色に塩水

 りんごはカットした面が空気に触れると、ポリフェノールが酸化して茶色く変色します。そこで皮をむいたりんごを薄い塩水に浸して、変色を防ぐ方法が昔から知られています。

 りんごの大きさによりますが、基準としては水200ccに塩ひとつまみ(1グラム未満)程度のごく薄い塩水で大丈夫です。

 しかしこの方法は、若干の塩味がついてしまうのが難点でした。実は、変色を防ぐ方法は塩水だけではありません。塩水以外の変色を防ぐ方法と、りんごのかわいい切り方は次のページにてご覧ください。





コメントを残す