アサリの砂抜きをより早く済ませる方法!しかもこれならさらに旨味が増していく!?

 酒蒸しからスパゲッティのボンゴレなど、アサリを使ったお料理は、貝の旨みがポイントのお料理です。ところが、アサリは砂抜きや塩抜きなどの下準備に手間がかかるので、夕飯のメニューから外す人が多いでしょう。そういう人のために、今回はアサリの砂抜きと塩抜きを手早く行う裏技をご紹介しましょう。

砂抜きと塩抜き

 ところで、アサリの砂出しと塩抜きはどう違うのでしょうか。潮干狩りで獲ったアサリは、砂と塩が一杯詰まった状態です。アサリの中に詰まった砂を吐き出させるのが、砂抜きです。

 砂抜きを終えた後に、塩抜きの作業を行います。砂出しには海水、あるいは海水と同じ濃度の食塩水をアサリの顔が出る位の高さまで注ぎます。

 アサリを完全に水没させてしまうと、アサリは溺死してしまうので注意してください。砂出しを終えたアサリをザルに上げると、アサリはどんどん海水を吐き出してくれます。これが塩抜きです。

50度お湯洗い

 最近話題になっている、50度お湯洗いについてご紹介しましょう。50度お湯洗いをすると野菜などに起こったヒートショック現象で野菜の表面の気孔が開き、細胞に水分を取り込むことできるようになり、みずみずしい野菜を蘇らせます。

 50度お湯洗いは鮮度を長持ちさせる、菌を減少させるという利点があります。また、50度お湯洗いは野菜だけでなく果物、魚介類、肉類、さらには冷凍食品にも使えます。

 洗った後によく乾かし、冷蔵庫で保存して魚介類・肉類は洗った後すぐに調理しましょう。この50度お湯洗い、アサリにするとどうなると思いますか?それは次のページでご紹介いたします。





コメントを残す