ナツメグが人体にもたらす効能と危険性…使い方で変貌を遂げるスパイス・・・

ナツメグは肉の臭みを消してくれることで有名ですが、決して臭みを消すのは肉だけではありません。

ほうれん草やかぶなどをゆでるときに少量加えることで、臭みを消してくれるのです。

また、野菜本来の甘みを引き出す作用もあるので、ナツメグを加えることでより野菜の旨味が増します

ナツメグは火を通すことにより、香ばしくなり、風味も増すことから、仕込みをするときに加えることが多いスパイスです。

過熱することで独特の甘みがでてくるため、クッキーやケーキなどの焼き菓子にも使われることもあります。

しかし、ナツメグを多く使用してしまうと、香りが強くなりすぎてしまいます。

刺激的な匂いが気になるようになるため、使用する量は控えめにすることがポイントになります。

ナツメグは時に危険​

 実際にナツメグの驚くような危険性を体験した人の話を紹介します。その人はカレーを作っている時に、ナツメグのパウダーの半分ほど残っていたものを全てカレーに入れてそのまま食べました。

 直後から強い眠気に襲われ、意識が朦朧とし始めます。そして、まるでお酒に酔ったようにフワフワした感じがしてきたのです。そこでナツメグについて調べたところ、ナツメグの驚くような危険性を知ったのです。

 5グラムのナツメグを摂取すると幻覚症状がおこり、10グラム以上摂取すると肝臓障害を引き起こすのです。ナツメグを2個食べて、死んでしまった死亡例もあります。

ナツメグの代用

 そこで、ナツメグの代用となるものを紹介します。幅広い効能のあるナツメグですが、危険性を避けたいと考える人はすりおろしたニンジン、おるしショウガ、おろしニンニクなどを使うと良いです。

 香辛料は黒コショウ、パプリカパウダー、オールスパイスをおすすめします。さらに、挽き肉をよく冷やしてしっかりと焼くことで肉の臭みがなくなります。

 焼く時には、白ワインや料理酒で蒸し焼きにすると肉のくさみが消えます。ですが、そんな危険なナツメグにも素晴らしい効能があります。気になるナツメグの効能や使い方については、次のページをご覧ください。





コメントを残す