電子レンジは有害!?人体にもたらす5つの悪影響にご注意ください・・・

 電子レンジ、何かと便利で台所で必須電化製品です。解凍や、料理の下準備に重宝します。また、忙しい時などは作り置きの料理を電子レンジで温めるだけで簡単に食べることができます。

 共働きの家庭が多い現代社会では、電子レンジは欠かすことができない製品です。ところが、この電子レンジが健康に影響を及ぼすことがあるそうです。どのような影響かを紹介しましょう。

電子レンジの普及

 日本での電子レンジの普及率を見てみましょう。電子レンジは、1984年に2世帯に1世帯という普及率でした。ところが、1994年には9割の普及率を見せるようになりました。

 2014年には92.4パーセントにまで達し、ほぼ全家庭に普及しました。単身世帯でも、その普及率は9割に達しています。

 電子レンジの普及率がのびると同時に、電子レンジの低価格化と冷凍食品が豊富になりました。電子レンジは、まさに現代のライフスタイルに沿った電化商品となっています。

電子レンジの電磁波

 最近、電子レンジから発生する電磁波の健康への被害が取り沙汰されています。そもそも電磁波とは、電気と磁気を合わせもった波のことです。

 電磁波は様々なものから発生しますが、特に強い電磁波を発生させるのが電子レンジです。電子レンジから発生する電磁波は、妊娠中の母体や胎児に悪影響を及ぼす可能性があるとされていますが、確かなことは分かっていません。

現段階では、電子レンジから発生する電磁波による人体への影響は、まだはっきりとは分かっていません。心配な人は、電子レンジの使用中は一定の距離を取るようにすると良いでしょう。

 次のページでは、電子レンジが及ぼす5つの健康への影響や、ガンとの関連についてご紹介いたします。これはぜひチェックしておくと良いでしょう・・・。




コメントを残す