動悸の原因はストレス?実は20代の動悸がヤバい!?対処の方法はこちら…!

20代の動悸

 心不全というと高齢者の病気のように考えられていますが、若者も心不全を起こします。最近では、10代や20代の発症率が上がってきています。

 心不全がおきている兆候としては動悸、むくみ、だるい、手のしびれ、急激な体重増などの症状があります。これらの症状が1週間〜10日も続くようであれば病院で診察してもらいましょう。

 また、若者の心不全の発症原因として先天的な心臓構造の異常、ウィルスや細菌によって心筋が炎症を起こしているなどが考えられます。加えて、ストレス、偏った食生活、運動不足、喫煙も原因になります。

対処法

 一時的に脈が速くなっている洞頻脈は、興奮状態がおさまれば治ります。ですが、パニック障害などとも症状が似ているので病院で診察してもらいましょう。

 予防法としてはストレスを貯めないようにし、眼精疲労を取り除いたりしてリラックスするように心がけます。注意したいのは、動悸の症状がある際に入浴をして心臓に負担をかけるようなことはしないこと

 また暴飲暴食を控え、バランスの良い食事を心がけて塩分や糖質を抑えるようにします。さらに、水泳など有酸素運動を取り入れて肥満を予防しましょう。どういう原因の動悸かを良く見極めて安易に判断することなく病院で診察を受け、日頃の食生活を見直すようにしましょう。





コメントを残す